スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪の合間をぬって「雪室」にお酒を搬入しました。

テレビ等で報道されているとおり、
新潟では大雪が続いています。

1月31日にはよしかわの川谷地区は平地部の3倍以上にもなる、
やはり4メートル以上の積雪を記録、
地域の人々の安全が危ぶまれるほどになり、
災害救助法が適用されました。

今冬の川谷の初積雪は12月15日で、3cm。
1mを突破したのは12月30日で1m20cm、2m突破が1月8日で2m4cm、3m突破が1月20日で3m36cm、
そして1月30日に4mを突破、2月1日の積雪は4m12cmでした。

川谷地域の人々は度重なる雪降ろしや道付け、見回りなどで疲労困憊しています。

上越市全域では、2010年12月以降、雪による死者が3人、重軽傷者が38人出ているほか、
建物への被害は、住宅3棟、農作業所など非住家25棟にのぼっています。

もともと日本一の豪雪地帯であるよしかわは、
「雪との戦い」があたりまえ。
雪に対しても万全な対策が採られていますが、
今回の積雪はそれを凌駕してしまったようです。


2月3日節分の日、
魚沼市では4メートルを超える降雪があり、
自衛隊が災害派遣で除雪作業に入りましたが、
よしかわではこの日は雪はおさまり、
雪室へのお酒の搬入を行いました。

このお酒が初夏から販売の「雪室熟成酒」になります。

雪室熟成酒は、まず雪室の奥に充分に雪を詰め込み、その後瓶に詰めた無濾過生原酒を搬入し、
さらに瓶の上に雪を被せてそのまま初夏まで静置します。
この雪はほとんど溶けることなく、6月になっても室の中は摂氏2度の温度に保たれたまま。
この環境が、新酒のフレッシュさと熟成の深みを併せ持つお酒を育てるのです。

厳しい雪国ならではの自然環境を利用したお酒。それが雪室熟成酒です。

雪室2
↑吉川杜氏の郷の雪室があるのは、
標高270メートルほどの中山間部。
日照の良い西向きの棚田がならぶ地域です。ここでも身長の倍ほどの雪が積もり、
蒲鉾型の雪室は、道路に面した入り口以外はすっかり雪に覆われています。



雪室1
↑お酒を室の中に静置した後、
 除雪機(ピーター)を使って天井まで雪を積み重ねていきます。
しっかり固まった雪が、室の中を夏まで摂氏2度以下に保ちます。


有りがたし 雪室熟成無濾過生原酒天恵楽 特別純米 雪室熟成無濾過生原酒

↑有りがたし 雪室熟成無濾過生原酒(右)
↑天恵楽 特別純米 雪室熟成無濾過生原酒(左)



全国的に「米の出来が悪い」といわれた昨年ですが、
よしかわの永田農法栽培の酒米の仕上がりは上出来。
いつにもましてフルーティでふくよかなお酒ができました。
6月に室から出したときの味わいも格別なものになりそうな予感がします。

★室の中の様子の詳しい記事はこちら
http://www.yoshikawa-touji.co.jp/yoshikawa_tushin_10/tushin10_2_13.html

★「雪室熟成酒」の詳細はこちら
http://www.yoshikawa-touji.co.jp/s3_season.html

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト

一年の節目・お正月には、ちょっと贅沢、でも抜群の美味しさの<〆張餅><青大豆きな粉>をどうぞ。

今年も残りわずか。
クリスマスやお正月の準備、始めていますか?

さて、お正月のお雑煮用のお餅、皆さんはどんなお餅をお使いでしょうか。
一年の節目・お正月には、
ちょっと贅沢、でも抜群の美味しさの<〆張餅><青大豆きな粉>はいかがでしょうか。

shimeharimochi

<〆張餅>は、
昭和のはじめまで越後で作られていたもち米。
抜群の旨みと絶妙なコシと滑らかな食感を持ちながら、
栽培が難しいため、より簡単に栽培できる品種が開発され普及すると、
全く途絶えてしまった品種です。

お正月のたびに、お餅を食べながらの老人たちの話題は、
「消えてしまった〆張餅」。
「あれは美味しかった」。よしかわの人々は〆張餅の美味しさを忘れられなかったのです。
もはや絶滅と思われた〆張餅でしたが、一部の農家に数粒の種籾が保存されていたのが発見され、
それが復活のきっかけになりました。

よしかわの〆張餅は、
できるだけ水や肥料を使用しないで育てる「永田農法」で栽培しています。
このため、甘みや旨みは濃厚で香りも芳醇、
しっかりしたコシと滑らかな食感は絶妙です。

もうひとつのおすすめは<青大豆きな粉>。

青大豆きな粉

こちらも、姿を消してしまった美味しい品種「青大豆」を復活させたもの。
青大豆は、新潟や山形などで昔から栽培されていた在来種の大豆。小粒で皮が硬く、割ると中までが綺麗な緑色のこの大豆は、よしかわでは「きなこ豆」と呼ばれていました。その名が示すように、この大豆を炒ってから細かく挽いてきなこにすると、他のどんな大豆より段違いに香ばしく旨味と甘みの豊かなきな粉になるからです。 栽培しやすい品種の普及にともない消えてしまったこの青大豆を復活させ、さらに永田農法で育てたのが“よしかわの青大豆”です。きなこ餅には最高で、〆張餅と合わせると圧倒的な美味しさです。


<〆張餅><青大豆きな粉>は、
「道の駅 よしかわ杜氏の郷 売店」および、
「よしかわ杜氏の郷 ネットショップ」で販売しています。

スーパーで買うお餅とは一味ちがう「〆張餅」。
一年の始まりの特別な日にはぴったりです。
ぜひお試しください。

★<〆張餅>の詳細とご購入はこちらからhttp://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_j_050.html
★<青大豆きな粉>の詳細とご購入はこちらからhttp://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_j_030.html


越後よしかわ杜氏の郷

“よしかわ自然薯まつり2010”ご来場有難うございました。

先週末の12月4・5日、
「道の駅よしかわ杜氏の郷」の農産物直売所「四季菜の郷」にて、
恒例の<自然薯まつり>が開催されました。

よしかわの隠れ名物・自然薯は、
力強く深い豊かな香りと抜群の粘りとコシ、滑らかな食感と優しい甘味と鮮やかな旨みを誇ります。

まだ自然薯の栽培が不可能とされていた30年ほど前から栽培に取り組み、
さまざまな試行錯誤を経て、抜群の品質のものができるようになっています。
食感・風味は高価な天然ものと比べてもそん色なく、しかも品質にばらつきがないため、
天然ものより美味しい、とおっしゃるお客様も多く、
地元や東京の高級料理店等でもたくさんご利用いただいています

そんなよしかわ産自然薯の素晴らしさをアピールしようと始まったのが「自然薯まつり」。
よしかわでは春に栽培開始した自然薯の収穫期が11月の終わりから12月なので、
「収穫祭」の意味を込めて、この時期に開催します。
回数を重ね、
「とれたてのフレッシュな自然薯が味わえる!」と、
地元や遠方の方々がたくさん駆けつけてくださるようになりました。

その魅力はもちろん“美味しさ”そして“安さ”。
東京などでは自然薯は1本2500円から3000円位するのがあたりまえの高額商品。
ところがこの“自然薯まつり”では、
1.3キロ2500円からと、破格の安さ。
皆さん、自宅用に、おすそ分け用にと一杯お買い求めいただきました。

ご来場の皆様、ありがとうございました。
なお、よしかわの自然薯は、
“四季菜の郷”でお買い求めいただけます。
よしかわにおいでの際は、ぜひお立ち寄りください。


よしかわ自然薯まつり1
↑見るからにフレッシュな採れたての自然薯。
深い森の中のような香りが豊かに漂っています。


よしかわ自然薯まつり2
↑自然薯コンテスト(品評会)も開催。
生産者ごとに自慢の自然薯を出品します。


よしかわ自然薯まつり3
↑お客様をお迎えする直前の会場。
生産者がそれぞれ自然薯を持ち込み、並べ終わって一息ついたところです。
お客様からどんな評価を受けるかなと、笑顔が浮かびます。
並んだ自然薯は、もちろん両日とも早々に完売。



★よしかわ杜氏の郷の自然薯レシピはこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/azi_zinenzyo.html

★使い易く短くカットしたお徳用の自然薯はオンラインショップでもお買い求めいただけます。

●お使いものとして、ギフト箱入り・宅急便発送をご希望の方は、
お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。

お問い合わせ:よしかわ杜氏の郷 TEL:025-548-2331

越後よしかわ杜氏の郷

<新潟・吉川産こしひかり-減農薬・減化学肥料栽培米-> 新米発売中!

<新潟・吉川産こしひかり-減農薬・減化学肥料栽培米->
新米を発売中です!


旨み・香り・食感とも最上の仕上がり。
美味しいお米が手に入りにくい今年こそ、
ぜひ<吉川産こしひかり>をお試しください。


よしかわ産コシヒカリ


異常ともいえた今年の猛暑。全国的にお米の作柄や品質にも大きな影響が出ました。
・北海道では6月上旬以降の高温で分けつが少なく、穂数が減少
・関西以西では7月中旬までの低温・日照不足で全もみ数が平年以下
・埼玉では高温障害のため品質検査で規格外が多発
その他、日本各地でお米の品質や収量の悪化が伝えられています。

お米の作柄に栄養があるのは、6~7月中旬までの日照時間で、
今年は全国的に日照不足の傾向でした。
またお米の品質については、
出穂から約20日間の平均気温が27度を超すと品質に問題が出るといわれており、
この点でも今年も猛暑はお米にダメージを与えたようです。

しかしよしかわでは、例年と変わらない食味の“コシヒカリ”ができました。
よしかわでは肥料や水を最低限しか用いずに植物本来の生命力を蘇らせて健全で頑強な稲を育て、
食味を低下させる余分なアミロースやタンパクが少ない米を作っています。
このため台風や大雨にも倒伏せず、猛暑にもかかわらず適切な水分量を持ち、
糖度の高いお米が収穫できたのです。

口に入れれば一粒一粒の存在感のあるぷりっとした粒立ちが心地よく、
さわやかでまろやかな上品な香りも高く、
噛めば甘さと旨みがたっぷり。
少々値段は張りますが、
普通のお米や山野スーパーで売られているお米とは食味が断然違います。
まずは食べてみてください。


※<よしかわ産こしひかり>は、
「道の駅 よしかわ杜氏の郷 売店」および、
オンラインショップでお買い求めいただけます。こちらからどうぞ!



越後よしかわ杜氏の郷

青大豆の濃醇な風味“一番搾り 青大豆油”新発売!

青大豆の濃醇な風味“一番搾り 青大豆油”新発売!

よしかわ杜氏の郷では、このたび、
青大豆ならではの深い旨みと香りを濃縮した、贅沢な味わいの料理用油、
“一番搾り 青大豆油”を発売しました。
道の駅 よしかわ杜氏の郷売店および弊社ネットショップにてお買い求めいただけます。

青大豆油1

厳選した青大豆を、昔ながらの“圧搾法”で搾った、深い緑色が美しい無添加の大豆油です。
よしかわ産永田農法栽培の青大豆ならではの濃醇な旨みと香ばしい香り、そして豊かな栄養素がそのまま。
舌触りはまるで高級エクストラバージンオリーブオイルのようにまろやかで、べたつかず、
さらっとしたジュースのよう。

サラダやカルパッチョなどのドレッシングやマヨネーズにお使いいただけば、
「青大豆油」の最高の風味をお楽しみいただけます。

青大豆は、もちろんよしかわ産。
小粒で皮が硬く、割ると中までが綺麗な緑色の大豆です。よしかわでは「きなこ豆」と呼ばれていました。
その名が示すように、他の大豆より段違いに香ばしく旨味と甘みの豊かなきな粉になるからです。
栽培しやすい品種の普及にともない消えてしまったこの青大豆を復活させ、さらに永田農法で育てたのが“よしかわの青大豆”です。 極力水や肥料を使用せずに育てる青大豆は、通常の栽培法よりもたくさんの根粒を付け、自力で地中の窒素を取り込んで育ちます。このため糖度が高く、脂肪分が少なく、凝縮された旨みと風味を持つ大豆ができるのです。「一番搾り 青大豆油」は、この青大豆を丸のまま蒸してから圧力を掛け、長時間かけてしぼった、無精製の油です。


青大豆油2一番搾り 青大豆油 1,890円(税込)

●商品の詳細とご購入はこちらから→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_j_140.html
●「一番搾り 青大豆油」の調理例とレシピはこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/azi_soybean_oil.html

越後よしかわ杜氏の郷
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。