スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟成にごり酒「秋にごり」9月8日蔵出し!

前回は秋の風物詩「ひやおろし」出荷のお話をさせて頂きましたが、
今日は「秋にごり」出荷のお知らせです。

秋にごり
「にごり酒」は、よしかわ杜氏の郷の隠れベストセラー。
五百万石を吟醸酒並みの60%にまで削って造り、
酒粕を残したお酒なのです。
「にごり酒」の一般的なイメージと異なり、
さらっとした淡麗辛口で、しかも良く乗った旨みのため、
普通の和食から焼肉やキムチ料理、
鍋料理まで幅広く合わせられ、食事にとてもよく合うのが特徴。
辛党のオヤジさんから若い女性まで幅広い人気を誇っています。

「秋にごり」は、9月8日の蔵出しです。
「春のフレッシュなお酒」のイメージが強いにごり酒ですが、
「秋にごり」は夏の間の熟成を経て、深みと落ちつきにコクが加わった、
奥行きのある味わい。
脂の乗った秋刀魚や里芋の煮ころがし、など秋の食材にもピッタリです。
秋の食卓をもっと美味しくするお酒としてぜひご利用ください。

電話、メール、ファックスにて蔵元より直送を承ります。
TEL 025-548-2331 
FAX 025-548-2322
メール:info@yoshikawa-touji.co.jp

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト

秋だけの限定酒「ひやおろし」9月8日発売!

まだまだ暑い日々が続きますが、
気がつけば空には鰯雲がたなびき木陰の風も涼しくなり、
五百万石の穂も頭をたれて色づき始め、収穫の一歩手前。
よしかわにも秋の気配が忍び込んできています。

そして酒蔵にとって「秋」といえば「ひやおろし」。
いよいよ「ひやおろし」出荷の時期がちかづいています。

ひやおろしとは、春に搾った新酒を樽に入れて涼しい蔵の中で夏の間熟成させておき、貯蔵されたお酒の温度と気温とが同じになるころ、
(秋の気配が漂い始める頃です)出荷するお酒のこと。
江戸時代、「冷や」のまま貯蔵用の大桶から木樽に「移(おろ)して」樽詰めしたことから、
「冷移(ひやおろし)」と呼ばれ、「秋の酒」として珍重されてきました。
「秋あがり」とも言います。

「ひやおろし」の特徴は「熟成」にあります。
約半年の夏の間静かに熟成したお酒は、コクが深まり、
新酒の荒々しさがとれて香りは深く、味わいも舌触りもまろやかになり、
最高に味の乗ったお酒に変身しています。
搾りたてのお酒が元気な若者ならば、
ひやおろしはしっとりとした熟女、といったところでしょうか。
秋の夜長じっくりと一献、そんなひと時にふさわしい懐の深い味わいなのです。

熟成で深みを増した風味は、脂の乗った秋刀魚や香り高いきのこなど、
秋の食材との相性も抜群。お燗で美味しく飲めるのも「ひやおろし」のいいところです。
お酒好きの方なら、誰もが首を長くして待っているのが「ひやおろし」。
昔から「秋酒をもって最上とす」という言葉があったというのも納得の味です。
秋の風物詩・「ひやおろし」をぜひお試しください。

今年のひやおろしのラインアップは3種。
「天恵楽 特別純米酒」1470円:720ml
「有りがたし」1575円:720ml
「※天恵楽 純米吟醸」
2100円:720ml

いずれも熟成の深い香りと味をそのまま味わっていただくため、
加水と出荷前の加熱を行わない、「生詰め原酒」でお届けします。
※「天恵楽 純米吟醸」のみ、「よしかわ杜氏の郷」売店のみでの取り扱いです。

ひやおろしありがたしスペースひやおろし天恵楽

電話、メール、ファックスにて蔵元より直送を承ります。
TEL 025-548-2331 
FAX 025-548-2322
メール:info@yoshikawa-touji.co.jp

越後よしかわ杜氏の郷

よしかわ杜氏の郷とリユース瓶

23日付けの記事で、「センター北の夏祭り」参加についてお知らせしました。
「リユース瓶キャンペーンのため」と書きましたが、ちょっと言葉が足りませんでしたので、
今日はこのことに関してもう少し詳しくお知らせしたいと思います。

実はこのイベント参加は「リユースボトル」のご縁で実現したのです。
「リユースボトル」とは、
回収して洗浄すれば、そのまま再使用できるように設計されたガラス瓶のこと。
「よしかわ杜氏の郷」では、ほとんどの製品にリユース(リターナブル)瓶を使用しています。
(Rマークの浮刻が目印です。)
リユース瓶←よしかわ杜氏の郷のリユース瓶。ネックに「R」の印があります。


「環境負荷の低減」は、国際的にも切実な課題です。
よしかわ区では環境負荷の低減を目指し、環境ISOの取得や籾殻の有機肥料への再利用など様々な施策に取り組んでおり、私たちも同じ考えから瓶のリユース化にも踏み切りました。

それだけでなく、酒造りに携わる者として、
また農業に携わる者として、リユースには特別な思い入れがあります。

よしかわでは元禄時代から酒造りを行っていましたが、
そのころからもともと日本酒は循環社会的な飲料でした。
江戸時代には産地から各地へと大きな樽で運ばれ、
それが各商店の小さな樽に入れて売られ、消費者は自分の徳利を下げて買いに行く、
という流通形態で、それは昭和になってもほとんど変わりませんでした。
近年になり一升瓶での流通が主流になっても、瓶は酒屋さんに回収され、
それが再利用される、というリユースの構造がありました。

ところが最近は家族構成の変化や、近所の小売店ではなく遠くのスーパーで買い物、
というようなライフスタイルの変化に伴い、「ワンウェイ瓶」が主流化しています。
ワンウェイ瓶とは回収後破砕して溶かし再利用する、というもの。
これでは、余計な燃料を消費しまた余分な熱量を放出することになってしまいます。
また、ごみとして処理されるので分別収集等の費用もかさみます。

これでは、循環型社会の中で生まれた、地域の特産物である日本酒が、
今では循環型社会と反対の方向を向いている、ということになってしまいます。

私たちの地域では既に継続可能な農業に向けての取り組みを行っているのに、
私たちは「瓶」のために、大規模大量生産社会の「使い捨て」の論理に従っている。
このことは、ロハスの郷・よしかわに生きる者として許されることではありません。

地域に生き、何百年とかかって造った大事な財産である豊穣な田を未来の世代に引き継ぐべく
持続可能なものにし、農業や酒造りの伝統をもっと先に伝えていこうとする私たちが、
リユース瓶を用いるのは、当然のことと思われたのです。

循環型社会に向けてはリユース瓶のほうが良いに越したことはありません。

しかし、いくらリユース瓶を採用しても、
<出荷→使用→回収→再使用>という循環サイクルが出来なければ、意味がありません。
そしてこのサイクルの実現には、酒販店様や消費者の方々のご協力が不可欠なのです。

そのためよしかわ杜氏の郷では、
「社団法人 環境生活文化機構」様や「生活協同組合東京マイコープ」様のお力添えを得て、
これまで東京都世田谷区の烏山駅前通り商店街様や川崎市の新城商店街と提携、
循環サイクルの実現に努力して参りました。

この度は8月より横浜市都筑区・青葉区が瓶のリユースへの取り組みがスタートし、
そのご縁で今回の「センター北の夏祭り」出店となった次第です。
近隣の消費者の皆様へのお披露目として、とても良い舞台となりそうです。

都筑区・青葉区の皆様、またご近隣の皆様、今後ともよろしくお願いします。
「環境」や「本当の美味しさ」への私たちの思いを込めたお酒をお試し頂ければ幸いです。


「社団法人 生活環境文化機構」のホームページはこちら
<トップページに「センター北の夏祭り」のお知らせが掲載されています。>

急遽決定!横浜「センター北の夏祭り」に出店します。

横浜都筑区の横浜市営地下鉄「センター北駅」前の「センター北広場」にて
8月30日(土)・31日(日)の2日開催される「センター北の夏祭り」に、
当「よしかわ杜氏の郷」が、「リユースびん普及キャンペーン」の一環として出店します!!

「センター北の夏祭り」は、両日とも16:00から20:00まで。
雨天の場合は駅構内での開催となります。

メインの催しとして、ステージで「ワールドダンス祭」が行われ、
フラダンスやベリーダンス、阿波踊りや和太鼓などの実演があるほか、
子供のゲームの模擬店や世界の料理や食品の模擬店が出店します。

「センター北 四葉会」加盟店でもこの日程に合わせて商品券がもらえるクイズラリーが行われ、
また、各商店でも様々な趣向で夏祭り企画が開催されます。

夏休み最後のイベントに、せひご家族でお越しください。
またこの機会に<真の越後地酒>「よしかわ杜氏の郷」のお酒をお試し頂ければ幸いです。

「センター北の夏祭り」詳細はこちら

越後よしかわ杜氏の郷





永田農法五百万石、順調に登熟中!

よしかわ杜氏の郷では、永田農法栽培で新潟を代表する酒米「五百万石」や、
最高級酒米の「山田錦」を育て、それを用いて日本酒を造っています。

永田農法で栽培することによって、糖度が高く、雑味の原因となる蛋白質が少なく、
また、適度な大きさの心白と精米や麹作りに最適な硬さを持つ酒米ができ、
それがお酒の質に反映するのです。

さて、8月2日の記事で五百万石の開花をご紹介しましたが、
それから約2週間、稲は登熟の時期の真っ只中です。
登熟とは、開花・受精後に子実が成長していくこと。
要するにお米粒が出来てから熟すまでの過程です。

よしかわの8月は登熟には絶好の気候となり、
五百万石はこのうえないほど順調な成育を見せています。
完熟状態を100とすると、現在はちょうど半分の50といったところでしょうか。
まだ籾の中は糊のように柔らかい状態です。
五百万石の穂
↑五百万石の稲穂 見事な充実振りを見せています。

ところで良いお米のできる登熟期の気候条件は、
1)日照が多いこと、
2)気温の寒暖差(日較差)が大きいこと
です。

日照が多く(雨が少なく)、寒暖差が大きいと、
夜間の稲の呼吸が抑えられて米粒が充実し、収量が多くなり、
また、澱粉が充分に蓄積されて糖度が高くなるのです。

よしかわでは、このところ日中は30度を越えることがありますが、
夜間から朝にかけては非常に涼しく(大きい寒暖差)、寝苦しい日は殆どないほどで、
雨も少なく、登熟にはうってつけの気候だったのです。
この時期の稲の管理は、
水田に水を入れるタイミングが、根の活力を維持する上でとても重要なのですが、
降雨も、稲が水を欲しがっている時にちょうど降ってくれる、といった具合。
稲にとってこれほどの好気象はめったにありません。

これからは台風の影響が心配な時期になりますが、
それさえ大丈夫なら、近年最高品質の酒米が出来そうです。

片田の水田
↑五百万石の水田(片田地区) バックには霊峰・尾神岳。すっかり秋らしい雲がたなびいています。

越後よしかわ杜氏の郷

「雪室熟成無濾過生原酒」売り切れ間近!

7月初旬から発売の「雪室熟成無濾過生原酒」2種(有りがたし・天恵楽 特別純米)は、
好評のため、売り切れ間近となりました。

2月に搾りたての無濾過生原酒をそのまま瓶詰めして山深くの雪室に入れ、
中を雪で一杯にして7月まで保存。
搾りたてのフレッシュさと熟成の奥深さを併せ持った夏だけ限定の冷やして美味しいお酒です。
雪室内の様子←雪室の内部
詳しくはこちら

8月31日まで販売の予定としておりましたが、
2種とも残りはわずか。売り切れ次第販売終了となります。

まだお試しになっていない方、
お気に召してもっと飲みたい方は、
ぜひお早めにご注文ください。

在庫僅少のため、お申込はお電話にてお願いします。
売り切れの際はご容赦ください。
TEL:025-548-2331 よしかわ杜氏の郷

越後よしかわ杜氏の郷

<ブナ自然林の湧水>が仕込み水です。

暑い日々が続いています。
以前にも触れましたが、温暖化の影響はよしかわの農業にも大きく影響しており、
例えば山田錦などの収穫時期も20年前に比べると数週間早くなっています。
暑さのために米の品質に影響がでないよう、田植えの時期をずらすなど、
自然との知恵比べが必要になっているのです。
そんな猛暑の中、今日は涼しげな画像をお届けしましょう。
「よしかわ杜氏の郷」の<仕込み水>の水源の写真です。

水源1  水源2

この水は尾神岳中腹のブナの自然林から湧き出しています。
自然林の中に入ると一年中、大量の水が勢い良くあふれ出る轟音があたりに響きわたり、
夏でもひんやりした空気が漂っています。
この水は年間を通じて温度は10度以下、不純物やミネラルが極めて少ない超軟水で、
口に含むと舌触りはビロードのように滑らかで、やわらかな甘さを感じる、美味しい水なのです。
よしかわ杜氏の郷のお酒は、この水の味が基本になっています。
私たちはちょっと人が来るのが困難な場所にあるこの源水を取水して、
仕込み水として使っているのです。

尾神岳の中には鍋状の岩盤があり、そこにブナ林から浸みこんだ水がたまって、
いくつかの地点から湧き出しています。面白いことに湧水の標高はどこでも同じです。

この湧水の反対側には「大出口泉水」と呼ばれる水源地があり、
この6月には環境庁が認定した「平成の名水100選」に選ばれました。
私たちの仕込み水とまったく同じく、尾神岳の「鍋」から溢れるブナ林の湧水ですが、
こちらは公園として整備され、誰でもこの水を味わうことができるようになっています。
遠方から水を求めてやってくる人々が絶えず、
昨年の中越沖地震の折の断水の際には、
多くの地元住民の飲食用の水として役に立ちました。

大出口1  大出口2

ブナ自然林の豊かな湧水のため、吉川は昔から一度も旱魃に見舞われることなく、
美味しいお米を作り続けてこられました。
また、この水のおかげで豊富な収穫があったからこそ、
江戸時代から余剰米を利用して酒造りを始めることができ、
(近世を背通じ、旧吉川町域の27の集落すべてに酒蔵がありました)
独自の酒造技術を発達させ、全国に「よしかわ杜氏」の名を轟かせることができたのです。
よしかわのすべては、この「ブナ自然林の湧水」から始まった、といっても過言ではないでしょう。

「ブナ自然林の湧水」で作ったお米を使い、同じブナ自然林の湧水を用いて、
地元よしかわ伝来の技術でお酒を醸す。それが「よしかわ杜氏の郷」の酒造り。
こんな酒蔵はちょっと他にはないと思います。

越後よしかわ杜氏の郷






8月12日(火)・13日(水)、「四季彩の郷」で野菜・花祭り開催!

「よしかわ杜氏の郷」併設の「四季彩の郷」は、ファーマーズ・マーケット。
農家が自宅の庭先で自家用に育てる「庭先野菜」や花などを販売しています。

この12日・13日には、お盆用にお墓参り用の花や、帰省された方への故郷料理の食材や、
お土産用に、野菜や花を大量にご用意し、「野菜・花祭り」と銘打ってセールを行います。
毎年大好評頂いており、開店前朝早くからお待ちになる方も多く、
売り切れ必至ですので、お早めにお越しください。


四季彩の郷看板

「四季彩の郷」は、地元だけの在来種の野菜、山菜や豆類、果物など、季節季節の自然の恵みがいっぱい。すべてよしかわの農家が自宅用に少量づつ大事に育てた、
おいしくて安全なものばかりです。。
この時期には、
とうがん・糸かぼちゃ・トマト・なす・きゅうり・白瓜・丸オクラ・モロヘイヤ・すいか
・唐辛子・桃・ぶどうなど の夏野菜が登場します。

夏野菜

「糸かぼちゃ」「丸オクラ」「十全なす」は、
サラダや漬物に、夏らしいさっぱりした独特の食感と野菜らしい自然な甘さが楽しめる、
よしかわならではのアイテムです。

その他にも永田農法で育てた、旨みと香りが詰まった青大豆で作った豆乳や豆腐、野菜本来の美味しさが楽しめる漬物やキムチなど、他では味わえない加工品もぜひお試しください。

「四季彩の郷」の詳しい情報はこちら

越後よしかわ杜氏の郷

第10回「越後よしかわやったれ祭り」大盛況!

今年で10回目を迎えた「越後よしかわやったれ祭り」、は今まで最大の盛り上がりになりました。
この「やったれ祭り」は地元手作りの新しいお祭り。
ペットボトルで作る「稲穂竿灯」は全国初、よしかわオリジナルのものです。

稲穂竿灯

当初は地元の商店街のお祭りとして商工会青年部主催でスタートしましたが、
「よしかわの誇りを確認したい。子供たちによしかわの良さを伝えたい」という地域の願いから、
数年前から全区民主催の祭りへと移行しています。

よしかわの誇りはやはり農業。魚沼と肩を並べる品質のコシヒカリと、
新潟一の生産量を誇る酒米・五百万石、蕎麦や青大豆、
様々な野菜類など全国に誇れる品質の農産物を発信していることが地域のアイデンティティです。
やったれ祭りも、「農」にこだわり「五穀豊穣」を祈るお祭りになりました。

全町内会が米一合づつ奉納し、当日には全町内会から
家内安全と豊作祈願の火を集めます。
農を中心に地域の発展を願うお祭りとして年々参加者を増やし、
よしかわ区の祭りとして定着しました。

神輿

昨年は7月の中越沖地震のため生憎中止となりましたが、
ことしは昨年の分を取り返すほどの盛り上がりになり、稲穂竿灯は500以上にもなり、
参加者も1000人以上(吉川区の人口は5000人ほどです)、
また東京などからも農業体験とお祭り見学のツアー客がお見えになるなど、
すごい熱気のうちにお祭りは進行しました。
(私たちよしかわ杜氏の郷もジェラートの販売で参加したのですが、
皆お祭りに夢中になっていたためか、余り売れなかったのが残念です。)

参加者を見ていると、若者や子供たちの数の多さに驚かされました。
よしかわにこんなに子供や若者がいたのか、とあらためて思うほど。

子供神輿

この子供たちがこのお祭りの楽しさを忘れず、将来よしかわの地域を担ってくれることを切実に
願わずにいられませんでした。飾られた竿灯に吊るされた短冊に「私たちが大人になっても、
(やったれ祭りが)続いていますように」と記されていたのが印象的です。

越後よしかわ杜氏の郷

新潟の看板酒米・五百万石が開花しました。

よしかわ杜氏の郷が、
他の蔵元とちょっと(うんと)違うところは、「米作りから始める酒造り」ということ。

多くの蔵元は、原料になる酒米を流通を介して兵庫などの他地域から買い取ります。
そこでは酒米の品質が問われることはあまりありません。
しかし私たちは、お酒に最適な品質のお米を自分達で作ります。
蛋白質が少なく糖度が高く、精米や麹作りに適した堅さのお米。
よしかわ杜氏の郷のお酒の味は、ここから始まるのです。

五百万石の圃場

さて、新潟の酒米の代表格は「五百万石」。よしかわは県内でも最大の生産地で、
古くから県内や県外の有名蔵元に出荷しています。
よしかわ杜氏の郷でも「天恵楽 特別純米」「にごり酒」など、
多くのお酒に使用しています。

そのよしかわ杜氏の郷の五百万石が、7月30日に開花しました。
「稲の花」をご覧になったことのある方はあまり多くないかもしれません。
稲の穂の籾一粒づつが花になっており、そこから小さな白い雄蕊が現れます。
この状態は1~2時間しか続かず、すぐに閉じてしまうのです。

開花のアップ

開花の時期は例年より遅くなっていますが、これも良い酒米を作るため。
一番暑い時期の後に登熟(米をしっかり成熟させること)させるのが、良いお米作りの勘所。
年々遅くなる暑さのピークに合わせて、苗作りや田植えの時期も遅くしているのです。

今年は、日照や雨の降り方もベストな状況。
登熟に向かうこれからが勝負です。
天候さえ期待通りなら、例年以上の品質の酒米が期待できそうです。

越後よしかわ杜氏の郷

サマーギフトに、お土産に、「よしかわ杜氏の郷」のロハスなお酒と食品をどうぞ。

東京地方ではお中元の季節は終了しましたが、
よしかわでは、「お盆」も、「お中元」もまだまだこれから。
今もなお旧暦(陰暦)が残る土地柄なのです。

そんなよしかわの夏といえば、夏休みに実家へと帰省してくるご家族も多く、
また農業や環境の研修に来る大学生さんも増えて、
いつもは静かなこの地も、しばらくの間は奇妙な賑わいを見せ、
何となくうきうきした雰囲気が漂います。

さて、「お中元」「暑中見舞い」「残暑見舞い」「帰省のお土産」など、
なにかとギフトの機会の多い夏ですが、
「よしかわ杜氏の郷」では「サマーギフト」をご用意しておりますので、
ぜひご利用ください。

お酒や伝統調味料・蕎麦、ジェラートやお菓子など、
よしかわのロハスな大地の恵みの各種詰め合わせです。
安心・安全で、しかも美味しい食品やお酒を大切なあの人にこそ差し上げてください。

カタログご希望の方はお気軽にお電話・ファックス・メールでお申込ください。
「よしかわ杜氏の郷ホームページ」から、
カタログ・申し込み書のPDFデータもダウンロードできます。
お中元に、お土産に、またご自宅用にもぜひご利用ください。
★カタログとファックス用の申し込み用紙はこちらでご覧いただけます。

サマーカタログ表紙
↑サマーカタログの表紙です。

越後よしかわ杜氏の郷
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。