スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自然薯祭り」11月29日(土)・30日(日)開催です!

11月最後の週末の11月29日(土)・11月30日(日)の両日、
道の駅よしかわ杜氏の郷内「四季菜の郷」にて、
「自然薯まつり」を開催!


よしかわ自慢の自然薯
よしかわ名物自然薯は、今が収穫の季節。よしかわの農家の庭先野菜の販売で大人気の「四季彩の郷」にて、瑞々しいとれたての自然薯を販売します。
また、冬の白菜や大根をはじめとする冬の野菜も沢山ご用意しております。
ぜひお越しください。

昔から「山鰻」と呼ばれて珍重されてきた「自然薯」は、掘り出すのが困難なため、貴重な効果品。
以前は栽培は不可能といわれていましたが、よしかわでは20年以上前から栽培に取り組み、
現在では風味豊かな地元の名産品となっています。

よしかわの自然薯は深く豊かな香りと強い粘りと滑らかさが特徴。
鉢やおろし金で擦ると、まるでお餅のような歯ごたえです。
ここで自然薯の良いしい食べ方を少々ご紹介しておきます。

自然薯の美味しい食べ方
●皮をむかない
他の山芋類とことなり、自然薯の薄皮と、皮と身の間には自然の風味が詰まっています。
ひげ根はレンジやライターの炎で炙って除去し、皮をむかずにご利用ください。

●アクを除かない
擦った後、茶色や黒色のアクがでることがありますが、このアクの正体は、
抗酸化作用があり健康に良いといわれる“ポリフェノール”。
ワインや醤油などのポリフェノールと同じく“コク”の元ですので取り除かないでご利用ください。
アクが出るのは新鮮で生きのいい自然薯の証拠でもあります。

●保存は低温で。
保存する場合は適当な大きさに切り、切り口の表面を乾かしてからラップに包んで、
冷蔵庫(できれば3℃~5℃)に貯蔵してください。
約い1ヶ月間は鮮度が保持されます。

●出汁で伸ばす場合は、出汁を少しずつ足すようにしてください。
とろろ汁はまずすりおろしたあと、鉢とすりこ木でよく練り、その後出汁や味噌汁で伸ばしますが、
その際多量の出汁を一気に加えると、ダマになって溶けにくくなるので要注意。
少しずつ出汁を足しながら練っていき、自然薯と同量ほど出汁が混ざったら、
後はお好みに合わせて速やかに伸ばせるようになります(2~4倍位が適量)。

とろ~りおいしい自然薯のとろろ


★とろろ汁のほか、千切りや磯辺揚げ、
煮物や汁物、鍋などに固めのとろろを団子状にして入れて、
また、お好み焼きのように焼いてなど、いろいろ楽しめる自然薯。
この機会にぜひご賞味ください。

越後よしかわ杜氏の郷

スポンサーサイト

「受賞酒を楽しむ会」@スカイトピア遊ランド大盛況!

11月23日(日)、「スカイトピア遊ランド」にて、
「よしかわ杜氏の郷 授賞酒を楽しむ会」が催されました。

楽しむ会

この企画は、当蔵の「天恵楽 特別純米」が第79回関東信越国税局酒類鑑評会<燗酒の部>
において2年連続受賞したことを記念して地元有志の方々が企画してくださったもの。
料金は6000円とやや高めながら、何と70人近くもの皆様が参集してくださいました。

「地元の食の粋とともに天恵楽」を楽しむ、というコンセプトのもと、
スカイトピアの調理担当者が腕をふるい、
紅葉の天ぷらをはじめ季節感あふれる地元の魚・野菜の天ぷらや山菜類、
タラの鍋、寿司、刺身など地魚をふんだんに使った料理が用意され
〆は地元産のソバを使った手打ち蕎麦。
そして脇をよしかわ杜氏の郷のお酒が固めます。

地元の食と地酒、やはりよく合います。
海の幸・山の幸、そして美味しいお米に恵まれたよしかわに生きていることが、
ほんとうにうれしくなる催しとなりました。

ご参加の皆様もはじめはやや緊張気味でしたが、
食事とお酒が進むにつれ、話もはずんでいきます。
私達のお酒や蔵の役割に関するご注文やご要望なども忌憚なくお話いただき、
そんな意味でも貴重な機会でした。

お話も盛り上がったところでお開きとなりましたが、
その後多くの方々が2次会・3次会とはしごをなさったそうです。

ところで酒屋もんの戒めとして、「和醸良酒」という言葉があります。
杜氏や蔵人たちのコミュニケーションやチームワークがしっかりしていないと、
美味しいお酒はできない、という意味です。

でも、私達はこれを「良酒は和を醸す」と読んでみたいのです。
地元の誇りになるような良い酒が、地元のコミュニケーションを良くし、
それが地元の振興につながること。
地元産業としての酒蔵の、これが目標です。

今回の催しで、そんな理想への端緒がようやく見えてきたような気がして、
とても勇気付けられました。
私達のお酒を楽しむためにこれだけ大勢のお客様にお集まりいただいたことを、
このうえなく有りがたく思います。

お出でになった皆様、この企画を実現してくださった発起人の皆様、
本当に有難うございました。
さらに精進を続け、このような機会を今後も作っていきたいと思います。

越後よしかわ杜氏の郷

11月26日(水)~12月2日(火) 名古屋・名鉄百貨店にて試飲販売!

11月26日(水)~12月2日(火)に、
名古屋・名鉄百貨店7階催事場「第3回新潟まつり
にて試飲販売をいたします。

名古屋には美味しいものが沢山ありますが、
八丁味噌や醤油を使った料理によく合うのが、
米の味豊かで五味がしっかり整った、よしかわ杜氏のお酒。
当蔵スタッフがアテンドしますので、
ぜひお試しください。

越後よしかわ杜氏の郷

27日、BNS「イブニング王国!☆知子のお宝なあに?おじゃま旅」でよしかわ杜氏の郷が紹介されます。

11月27日(木)放映のBSN新潟放送「イブニング王国!☆知子のお宝なあに?おじゃま旅」で、
さまざまな「吉川区」の風物が紹介されます。
番組の放映時間は15:55~です。

この番組はアナウンサーの水島知子さんが、
新潟各地の赴き、当地の隠れたお宝を探して直撃取材をする、というもの。
今まで柏崎・佐渡・上越市中郷区などが紹介されています。

今回は「よしかわ杜氏の郷」関連では、お酒や、大賀の自然薯、
よしかわ杜氏の郷の初代杜氏で、
杜氏歴60年を超える、吉川杜氏の長老格・富岡武二さんの酒造り唄などの取材がありました。

この番組でよしかわの素晴らしさの一端を感じていただければ、と思います。
ぜひご覧ください。

美味しいものや素晴らしい景色など、よしかわには他にも沢山お宝があります。
そして私たちはよしかわのお宝を発信する情報基地として、地元の「宝」になりたい、
と思っています。

越後よしかわ杜氏の郷

尾神岳の初雪

日本海側一帯が冷え込んだ、ここ数日。

よしかわの尾神岳には、昨19日朝初雪が降りました。
今日はよしかわの寒気はおさまりましたが、
もう高田周辺では雪になったとのこと。

尾神初雪

毎年どこかに書いているような気がしますが、
よしかわでは「尾神岳に3回雪が降ると、その後平地で雪になる」
と言われています。しかし今年はさっそく例外になりました。

よしかわは日本一の豪雪地帯。
3~4メートルにも及ぶ雪が降るときもあり、
家の出入りは2階から、というのも普通でした。

「雪国は大変ですね」といわれることも多いですが、
でもよしかわでは、
寒さと雪のおかげで田圃が冬の間に清浄になるため、
翌年は美味しいお米が出来、
また寒さのおかげで雑菌の影響を受けないので、
純粋なお米の味が生きたお酒が出来るのです。

寒さや雪は、私達の「米」「酒」にとっての「地の利」でもあります。

私達の蔵はよしかわの地の利を活かした「寒作り」。
冬にしか酒造りは行いません。
厳しい寒さの中での手の感覚がなくなるような洗米や、
その逆に恐ろしい暑さの蒸米、40℃に近い環境での夜昼をあけない麹造り・・。
過酷な作業が続きます。
でもこの季節にしか出来ないことに命をかけて、私達はお酒を造ります。

酒造りに関しての一番の味方は「寒さ」。
今年当蔵の受賞が続いたのも、
実は今年何回も続いて訪れた寒波のおかげ。
「もっと美味しいお酒を造ろう」という杜氏たちの努力もたいしたものでしたが、
それに、久々の大寒波が報いてくれたのでした。

今年は米作りにとって最高の天候に恵まれ、
思惑通りの最高レベルの酒米ができました。
このまま、天が私達酒屋もんにとって最高の天候をお与えくださることを、切に願います。
最高の酒米で、最高の寒さで、最高のお酒を造りたい。
尾神岳の初雪を見ると、そんな祈るような気持が湧いてきてなりません。

越後よしかわ杜氏の郷

「冬のギフトカタログ」出来ました!お歳暮・お年始にご利用ください。

よしかわ杜氏の郷の「冬のギフトカタログ」が出来ました!

↓ギフトカタログの表紙です。
棚田に積もる雪の上には野ウサギの足跡が。

冬ギフト表紙

よしかわ杜氏の郷のお酒をはじめ、青大豆でつくった豆腐や蕎麦、自然薯など、
よしかわの味が満載です。

大事なあの方に、ご自分へのご褒美に、
安心・安全でしかも美味しい、「よしかわの旨いもん」をぜひご利用ください。
ご注文を心よりお待ちしております。

●過去に蔵元直送やギフトをご注文頂いたお客様には、
今週発送をいたします。

●カタログを発送ご希望の方はお電話・ファックス・メールにてご注文ください。
TEL 025-548-2331 
FAX 025-548-2322
メール:info@yoshikawa-touji.co.jp

●ホームページから、カタログと申し込み書がPDFでダウンロードできますので、
ご利用ください。

カタログダウンロードはこちら

越後よしかわ杜氏の郷

にごり酒「雪あかり」11月26日発売決定!

今、蔵は造りの真っ最中。
毎日「洗米」「蒸米」「製麹」「仕込み」と、
複雑に絡み合った複数の作業が同時進行で続いています。

(よしかわ杜氏の郷のお酒の製法に関してはこちらで詳しく紹介しています。
ぜひご覧ください。)

今年の新酒の仕込みは、まず早々と売り切れになってしまった「にごり酒」からスタートしましたが、
新酒の販売も、にごり酒<雪あかり>からスタートです。

雪あかり

蔵始まって以来の天候に恵まれ、
最高の質になった今年の地元産永田農法栽培の五百万石を100%使用。
「酒の質は米の質を反映する」というのが私達の信念ですが、
その通りの出来となった自信作です。豊かな旨みとキレをお楽しみください。

発売は11月26日から。
予約の受付も行っております。

●電話、メール、ファックスにて蔵元より直送を承ります。
TEL 025-548-2331 
FAX 025-548-2322
メール:info@yoshikawa-touji.co.jp

越後よしかわ杜氏の郷




「小田急のお歳暮」で「米粋」「有りがたしセット」をお求めいただけます。

11月に入り、いよいよデパートではお歳暮商戦がスタートしています。
よしかわ杜氏の郷では、「小田急百貨店」様のお歳暮カタログにて、2つの商品を採用いただいております。

●「米粋-こめのすい-」小田急プライムセレクション

米粋イメージ

よしかわ産コシヒカリと同じくよしかわ産〆張餅のセットです。
ご贈答にふさわしい和風モダンなデザインのパッケージに、お米とお餅を少人数のご家族にも便利な小分け袋に入れて詰め合わせました。
〆張餅は、昭和初期まで栽培されていた「幻の餅米」。強い粘りとコシ、豊かな風味が特徴のこのお餅を復活、無添加のお餅にしました。もちろんどちらも減農薬・減化学肥料栽培です。
(よしかわ産コシヒカリ 300g入り×5袋/〆張餅 一袋50g×5入り 3袋)

●「有りがたしギフト」小田急の美食めぐり

銀ダラセットイメージ

よしかわ産山田錦100%のお酒「有りがたし」の熟成酒「ひやおろし」原酒と、
有りがたしの酒粕を使用して作った「銀ダラ粕漬」、吉川産永田農法大豆と酒米五百万石の米麹で作った味噌で漬けた「銀ダラ味噌漬」のセットです。銀ダラはアラスカ産近海一本釣りのものから鮮度が良く脂がのったものを厳選して使用。酒粕と味噌が最上級の銀ダラの旨みを最大に引き出しています。
(有りがたし とびっきりひやおろし 1本/銀ダラ粕漬×2 銀ダラ味噌漬×2)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小田急百貨店では、11月30日まで「お歳暮ギフト早期承り会」を実施中。
各店舗でも、またオンラインでもお申込いただけます。

カタログはこちらからご覧いただけます。
●「米粋-こめのすい-」は<小田急プライムセレクション>のコーナー(4ページ)に掲載
●「有りがたしギフト」は<小田急の美食めぐり>のコーナー(69ページ)に掲載


越後よしかわ杜氏の郷



11月15日(日)パルシステム東京様「商品展示会」に出品!

11月15日(土)
生活協同組合パルシステム東京「商品展示会」上越市ブースに出店します。

パルシステムはカタログ注文の宅配ですが、
実際の商品を見て、食べて、そして生産者から直接聞くことができるめったにないチャンスが、
このイベントです。

「よしかわ杜氏の郷」は、厳選の5種類のご説明と試飲を行います。
上越市としては餅つきやミニおにぎりの試食、ゲームなど様々な企画を用意しているとのこと。

パルシステム東京様とは、長いお付き合い。
同社の<コア産地>として、
「雪蔵」「雪舞」など、他にはないパルシステム特別仕様のお酒や味噌を扱っていただいている他、
産地交流等にも取り組み、また、実店舗でも当蔵の商品を取り扱っていただいています。

「よしかわ杜氏の郷」、カタログではおなじみかもしれませんが、
まだご体験いただいていらっしゃらない方も多いと思います。
この機会に私達の味を実感いただければ幸いです。

時間:11:00~15:30(一部15:00で終了)
場所:池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4F
組合員(ご家族)は、チラシご持参の方入場無料です。
一般入場料:お1人200円(中学生以上)
詳細はこちら

越後よしかわ杜氏の郷

11月15日(土)・16日(日)は、千歳烏山・シミズヤ様にて試飲販売です。

11月15日(土)・16日(日)の両日、
東京世田谷・千歳烏山駅前「シミズヤ」様店頭にて試飲販売を行います。

シミズヤ様は、<有りがたし><天恵楽 特別純米><よしかわ杜氏 大辛口>など、
9種類もの「よしかわ杜氏の郷」のお酒を常備、
都内で私達のお酒が最も多種類お買い頂けるお店。

シミズヤ様は、ワインなどのお酒や食品・調味料など、
厳選した品揃えを誇るお店。私達のお酒をお店に置いていただいていることは、
誇らしい限り。このご縁で、
私達はほぼ1~2ヶ月に1度、店頭での試飲販売の機会をいただいています。

寒さも増し、鍋料理など日本酒が恋しい季節。
また、お燗も美味しく飲める季節の到来です。
11月6日に79回関東信越国税局酒類鑑評会の「燗酒の部」にて、
<優秀賞>を受賞した「天恵楽 特別純米」ほか、
美味しいお酒をご用意して参ります。

この機会に、ぜひ私達のお酒をお試しください。

越後よしかわ杜氏の郷


11月23日「受賞酒を楽しむ会」開催!

11月7日の記事でお知らせしたとおり、
よしかわ杜氏の郷の日本酒「天恵楽 特別純米」が、
「第79回関東信越国税局鑑評会<燗酒の部>」において、
<優秀賞>を受賞しました。2年連続の受賞であり、
アメリカ最大の日本酒コンテスト<Joy of Sake>金賞に続く、
日米でのダブル受賞酒となりました。

この連続受賞を記念して、
早速地元有志が「受賞酒を味わう会」を企画してくださり、
11月23日(日)12時から「スカイトピア遊ランド」にて、
「よしかわ杜氏の郷 受賞酒を味わう会」が開催されることになりました。

晩秋の旬の地魚料理とともに、受賞酒「天恵楽 特別純米」をたっぷり味わおう、
という贅沢な企画です。
料金はお土産に受賞酒の4合瓶1本がついて税込6000円。
まだ詳細は決定していませんが、スカイトピア遊ランドさんでは
「魚料理の実演ステージ」「アンコウの特別料理」などいろいろなアイディアで、
「地元の旬の味の粋を楽しむ」贅沢なイベントとしたいとのこと。
(地魚なので、企画・料理内容はその日の水揚げの様子次第となります)

私たち「よしかわ杜氏の郷」も、
サプライズをご用意して伺います。

吉川区内の送迎も無料で行いますので、
皆様ふるってご参加ください。

参加ご希望の方は「スカイトピア遊ランド」まで、
<お電話:025-547-2221>
締め切りは11月15日(土)の予定です。

詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きい画像でご覧いただけます)
受賞酒を楽しむ会案内


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よしかわ杜氏の郷 受賞酒を味わう会

日時:11月23日(日)12時~
場所:スカイトピア遊ランド
料金:6000円(税込・お土産に受賞酒4合瓶1本付き)
お問い合わせ・お申込は  025-547-2221 スカイトピア遊ランド(担当:内藤)

越後よしかわ杜氏の郷

よしかわのせせらぎ in “レクサスインターナショナルギャラリー青山”

レクサスインターナショナルギャラリー青山は、
この10月にオープンしたばかりのトヨタのレクサスを中心としたショールーム。
モーターショーなどに出展されたコンセプトカーや世界各国のカタログ、
アメリカなどで放映するテレビCMを見ることができ、
また、レクサスオリジナルグッズの展示・販売も行っています。

このギャラリーに流れている音が、吉川区の川谷地区のせせらぎの音。
「五感で感じる心地よさ」をテーマとするこの展示場のために、
ヤマハが音環境のデザインを行い、オリジナルで作った音源を流しています。

この音源の制作を担当したのは、畑中正人氏。
東京にご在住ですが、ご縁があってよしかわご訪問の機会があり、
この地の環境に感動し、当地で田植えなどの農業体験もされていらっしゃる作曲家の方です。
今回はこの音源のために川谷地区のせせらぎの音を収録、使用されています。

せせらぎの音と静かで広がりと深みのあるピアノの音が、
青山に、東京とは思えない心地よい空間を出現させています。

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひよしかわの音をご体験ください。

また、ヤマハではこの音源にあわせたショートムービーを制作、
ネット上でも公開しています。
よしかわのブナ原生林や田圃などの風景の映像を含む、ここちよい短編です。
こちらもぜひご覧ください。

ショートムービーはこちらでご覧いただけます。
“ドキュメンタリー・バージョン”はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
港区北青山2-5-8(レクサス青山 併設)
電話番号 03-5786-2711
営業時間 平日:9:30~19:00 土・日・祝:10:00~19:00
定休日 火曜日

越後よしかわ杜氏の郷

11月8(土)・9日(日)は、 四季彩の郷5周年記念創業祭 !

11月8(土)・9日(日)の2日間、
<四季彩の郷5周年記念創業祭>を開催します!

道の駅よしかわ杜氏の郷のファーマーズ・マーケット「四季彩の郷」がオープン5周年を迎えました。
“よしかわの農家が、自分達のために作った美味しい野菜をお裾分け”
というコンセプトで始まった「四季彩の郷」。
最初は「専業ではない野菜が売れるの?」「いままで通り普通に作った野菜でいいのかな」
そんな不安の声もありましたが、
オープン以来、毎日開店前からお客様が並ぶほどの大盛況。

でも、それはある意味で当然のことでした。
自分達が食べる野菜は安全で美味しいものでなければ。
農家にとってそれは当たり前のこと。

「美味しい」「安全」。私たちにとって当たり前な野菜だからこそ、
皆様にもご支持をいただいたのでした。

そして「四季彩の郷」で自分達の野菜が高評価を得るようになると、
今度は「もっと美味しく」と農家は意欲を出してきます。
よしかわの農家は、とても貪欲。みんな「一番」になりたがります。

例えば「Aさんのトマトが一番美味しい」となれば、
Bさんはもっと美味しいものを作ろう、といろいろ工夫をしてさらにいいものを、と考えます。
そのために直接Aさんにたずねたり、勉強会に参加したり、本を読んだり、
自分でいろぃろな栽培法を実験したり・・
Aさん以上のものを作ろう、とBさんは頑張ります。
こんな「もっと美味しく」の波は、どんどん拡がりました。
その結果よしかわの野菜は、どんどん美味しくなっています。

要するにみんなが「誰よりも良いものを作りたい職人」なのです。
ですから「四季彩の郷」は、そんな農家にとって、いわばコンペティション会場。
みんなが「最高の野菜」を競い合っています。
そしてその競争の結果、よしかわの野菜の味が全体としてグレードアップしているのです。

「四季彩の郷」は、こうして地域の野菜の質を向上させる場にもなっています。

5周年を迎える今年、「創業記念祭」は、
そんな農家達の努力の歴史の集大成。最高の野菜をいつもより沢山ご用意、
「よしかわの庭先野菜の実力」を味わっていただける絶好のチャンスです。

旬の美味しい野菜や、地元の希少品種の野菜、地元の大豆で造った豆腐、
味噌や醤油、漬物やキムチなど、見るだけでも楽しく、食べればもっと楽しい、
よしかわの美味しさを存分にお楽しみください。

また、よしかわ杜氏の郷売店にもお越しください。
よしかわの野菜をもっと美味しくする、
日本酒がお待ちしております。
ぜひ皆様お誘いあわせの上、お越しくださいませ。

越後よしかわ杜氏の郷

第79回関東信越国税局酒類鑑評会「燗酒の部」優秀賞連続受賞!

11月6日、第79回関東信越国税局酒類鑑評会の結果発表が行われ、
よしかわ杜氏の郷の「天恵楽 特別純米」が「燗酒の部」にて優秀賞を受賞しました。

天恵楽 特別純米

「天恵楽 特別純米」は、前年にも同じ部門で優秀賞を受賞していますので、
2年連続の受賞です。また8月に行われた全米最大の日本酒コンテスト「JOY OF SAKE」でも、
金賞を受賞しており、国内・国外の賞を受賞した<ダブル受賞酒>ということになります。

コンテスト用に特別に仕込んだお酒が出品される「全国新酒鑑評会」に対して、
10月に開催される「関東信越国税局酒類鑑評会」は、
一般に販売されるお酒を対象としており、蔵元にとってはその実力が問われる、
より価値がある鑑評会。ここでの受賞は実に誇らしいことです。

さらに「燗酒の部」での受賞、というのも私たちにはうれしいこと。
なぜなら、造りのしっかりしたお酒がお燗で味や香りの深みが増して美味しくなるお酒。
そうでないお酒は、冷やではいくら良好でも、
味や香りのバランスが崩れたり、風味が落ちてしまうからです。
ごまかしがきかず、お酒の真価が問われる「お燗」での好評価は、
私たちが設立以来モットーとしてきた「正直な造り」を、
客観的に証明していただいたものと私たちには思えるからです。

2000年に設立以来、無冠の蔵元だった私たちですが、
昨年は「よしかわ杜氏 大吟醸」がアメリカ最大の日本酒コンテスト「JOY OF SAKE」で銀賞を獲得し、また「関東信越国税局酒類鑑評会」<燗審査の部>で「天恵楽 特別純米」が優秀賞を受賞しました。そして本年は同じく「JOY OF SAKE」で「よしかわ杜氏 大吟醸」「天恵楽 特別純米」の金賞ダブル受賞、今回「79回関東信越国税局酒類鑑評会 燗酒の部」での優秀賞と、うれしい知らせが続きます。

昨年の初受賞の折に私たちは「この成果を第二のスタートとして、より美味しい酒・より食卓を楽しくする酒をめざしたい」と皆様にお約束しましたが、その言葉を違えず私たちは精進を続けて参りました。
その成果が早速今年の受賞として形になったものと思います。
ですから、このご報告を、私達を応援してくださった消費者の皆様や流通関係・飲食店・酒販店の皆様にお伝えできることを、何よりもうれしく、また誇らしく思います。

今年の酒造りはもうスタートしていますが、杜氏や蔵人はこの受賞を励みに「もっと美味しいお酒を」と、張り切っています。
今後とも私たち「よしかわ杜氏の郷」を応援してくださいますよう、心よりお願いいたします。

越後よしかわ杜氏の郷

11月8日(土)・9日(日)は、<東京・表参道><名古屋・金山駅>で出張販売!

いよいよ寒さが本格的になってきました。
鰤や秋刀魚、茸類など秋の味覚も出揃って、
日本酒の季節も本格的に到来です。

この週末は、東京と名古屋それぞれで主張販売を行います。
それぞれ当蔵のスタッフがアテンド、試飲とご説明をいたしますので、
この機会に、もっと食卓を美味しくする「よしかわ杜氏の郷」のお酒をぜひお試しください。

●11月8(土)・9日(日)
東京表参道・新潟館 ネスパス 新潟・「食楽園」
様にて試飲販売を行います。

新潟の美味しいものやお酒の圧倒的な品揃えを誇る「食楽園」様。
「よしかわ杜氏の郷」のお酒も数種取り扱っていただいております。
金賞受賞酒などを取り揃えて、日本酒売場にて試飲販売を行います。

●11月8(土)・9日(日)
名古屋市・金山総合駅連絡通路
イベント会場で行われる、
<新潟県上越市の観光と物産展>にて試飲販売を行います。

美味しい「名古屋の食」にぴったりな濃醇旨口の「よしかわ杜氏の郷」のお酒。
ぜひお試しください。

越後よしかわ杜氏の郷

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。