FC2ブログ

食味抜群!永田農法栽培「赤米」「紫黒米」

食味にこだわった永田農法栽培「赤米」「紫黒米」

最近の「雑穀ブーム」の中で、
特に人気が高いのが「古代米」とも呼ばれる「赤米」「紫黒米」。

豊富なビタミンやミネラル、良質のタンパク質、
それに種皮にたっぷりと含まれるポリフェノールが注目され、
健康のため、ご飯に混ぜて食べる人がどんどん増えてています。
「古代米」は、縄文時代から食べられていたとされるモチ米で、明治時代まで日本各地で栽培され、
お祝いや季節の行事などの機会に食されてきたと言います。
赤米は「お赤飯のルーツ」、紫黒米は「おはぎのルーツ」とする説もあるそうです。

赤米紫黒米

よしかわ杜氏の郷でも、この「赤米」「紫黒米」を少量ですが扱っています。
よしかわ杜氏の郷の古代米の特徴は何と言っても「食味へのこだわり」。

出来るだけ水や肥料の使用を抑えて、稲が根を沢山生やして自力で栄養を吸収するようにして、
頑健な稲体をつくる永田農法で育てているのです。
その結果、余分なタンパクや食味を悪化させるアミロースが少ない、
美味しいお米ができます。
通常スーパー等で買える古代米よりも柔らかくてしっかりとした旨みがあり、
えぐみがなく香りの良いお米です。

市販の古代米は
蒸れたような不快な香りがしたり、お米自体が美味しくなかったりと、
香りや味に難点があるものが多く、
ご利用になる方々は“薬と思って”我慢して召し上がっている向きも多いのが実情。

よしかわの赤米・紫黒米を召し上がり、
「古代米って美味しかったんだ」とびっくりされる方は多く、
すっかり人気商品となっています。

「体に良い」だけではなく、「食べて美味しい」よしかわ杜氏の郷の古代米を、
ぜひご体験ください。

★よしかわ杜氏の郷売店だけでなく、
東京・表参道新潟館 ネスパス 新潟・「食楽園」でも販売しております。

★「赤米」「紫黒米」の田植えの様子はこちら

★定価:「永田農法 赤米」「永田農法 紫黒米」各400円(200g:税込)
★よしかわ杜氏の郷 「永田農法 赤米」「永田農法 紫黒米」に関する
お問い合わせ・ご購入のお申込は・・
℡:025-548-2331 よしかわ杜氏の郷

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード