スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎ノ門パストラル「第3回 全国47蔵 銘酒を楽しむ会」に出店します!

4月30日(木)・5月1日(金)の2日間
虎ノ門パストラル「第3回 全国47蔵 銘酒を楽しむ会」に出店します。
1県につき1蔵が出店、全国47蔵のお酒を楽しめるイベント。
それぞれの蔵のブースをめぐりながら、
蔵元と直接いろいろなお話ができる趣向です。

錚々たる蔵元達に混じって、
「よしかわ杜氏の郷」は新潟代表として出店します。

ホテルの建物の取り壊しのため、今年が最後になる「銘酒を楽しむ会」。
津軽三味線 阿部兄弟のライブや、抽選会などのお楽しみイベントもあります。

毎年定員以上のご応募があるため、ご予約はお早めにどうぞ。

時間:18:00~20:00
会費:4,000円(前売り)食事・お土産にお酒1本付き。
予約:虎ノ門パストラル:03-3432-2591~3(リザベーション)

●虎ノ門パストラルのホームページはこちら
●イベント告知のページ(蔵元リスト付き)はこちら

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト

ゴールデンウィークの出張販売スケジュール

いよいよゴールデンウィークです。
世間では大型のお休みですが、
よしかわではゴールデンウィークは、毎年育苗と田植えが集中する時期。
大型の労働週刊です。

このゴールデンウィークに「よしかわ杜氏の郷」は、
4箇所で出張販売&イベント参加を行います。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひお立ち寄りください。

●4月25日(土)~5月3日(日)

松屋浅草「新潟物産展」にて試飲販売。

●4月29日(水)

東京・「第23回 川の手荒川まつり」に出店。様々なイベントで人気の「荒川まつり」。交流都市が出店するバザールに、今年も出店します。
会場限定の「第23回 川の手荒川まつり 記念ラベル」大辛口も販売します。

●4月30日(木)・5月1日(金) 18:00~20:00

東京・虎ノ門パストラル「第3回 全国47蔵 銘酒を楽しむ会」に出店。
1県につき1蔵が出店、全国47蔵のお酒を楽しめるイベントです。「よしかわ杜氏の郷」は新潟代表として出店します。毎年定員以上のご応募があるため、ご予約はお早めにどうぞ。
予約:虎ノ門パストラル:03-3432-2591~3(リザベーション)会費:4,000円(前売り)

●4月30日(木)~5月6日(水)

直江津屋台会館で開催中の<越後上越天地人博>会場にて、
4月30日(木)から5月6日まで1週間限定で出店を行います。
上越の地元産のお米と清らかな水、そして地元越後杜氏の技術で醸したお酒は、
絶好のお土産になります。旅の思い出に、ぜひお買い求めください。

越後よしかわ杜氏の郷

よしかわは春の山菜の季節です。

よしかわは山菜の宝庫。
里山に、畦に、林の中に、用水のほとりに・・
様々な場所で美味しい山菜が顔を出しています。
雪が溶けると父や母に連れられて山に行き、名前や摘み方を教わりながら山菜を採る。
その子供も大人になって自分の息子や娘が出来ると、山に連れて行き・・
こんな歴史が何代も繰り返されたよしかわでは、
誰もが山菜採りの名人。皆が自分だけの秘密の収穫場を知っています。

魚沼地方と地質を共有するよしかわは、上質の米どころ。
そして肥沃な土地に生える山菜は、
柔らかく、アクが少なく旨みも香りもたっぷりになります。
よしかわでは、米どころならではの美味しい山菜が取れるわけです。

これから5月の中旬~下旬まで、
「四季彩の郷」には様々な山菜が入荷します。
よしかわならではの美味しい山菜をぜひ味わってみてください。

またこの季節の山菜は、お酒との相性も最高です。
<よしかわ杜氏の郷>のお酒と合わせれば、
しっかりしたお米の旨みといやみの無い香りが山菜の香りや独特のほろ苦さを引き立ててくれます。
「地元の食材は地元のお酒と合わせて美味しい」というのは山菜の場合でも真理。
「よしかわ杜氏の郷」のお酒も、ぜひご用命ください。

●↓下は昨日収穫したよしかわの山菜たちです。

■三つ葉

せせらぎの近くなど、湿り気の多いところに群生する<三つ葉>。
野生の三つ葉は、香りも高く歯ごたえも最高です。
天ぷらやお浸し、味噌汁の具などに利用できます。

三つ葉

■こごみ

山間部の日当たりのよい斜面に沢山群生する<クサソテツ>の芽が<こごみ>。
すぐに大きくなってしまうので採れる時期は短く、
大きくなると1メートルほどになり、葉は巨大に広がって、
原始時代の森を思わせるような姿で谷を埋め尽くします。
しっかりとした歯ごたえがあり、野性味あふれる食味です。
アク抜きは不要で、天ぷらやサラダ、胡麻和えなどで楽しめます。

こごみ

■こしあぶら

ウコギの仲間の高木が<こしあぶら>。山道の脇など比較的明るい場所で見つかります。
新芽の部分を摘んで食します。肥沃な土地のコシアブラならではの滋味あふれる山菜で、
独特の上品な香りと苦味、まろやかな風味とコクは山菜の中でもトップクラスの美味しさ。
生のまま天ぷらで楽しめ、一つまみの重曹を加えて茹でてアク抜きすれば、
おひたし、味噌和え、吸い物など幅広くいただけます。

こしあぶら

■山ウド

古くから栽培法が確立されたため、栽培物のウドがいつでもスーパーで買える様になっていますが、
野生の山ウドの野趣あふれる香りと食感はやはり違います。
濃厚な香りとほろ苦さはお酒のおつまみにもぴったり。
若いウドならば芽から茎、皮まですべて美味しく食べられます。
芽は天ぷらに、茎は切って酢水にさらしてから酢味噌和えやキンピラに、
豚肉などと一緒に炒めて・・と、色々な方法で味わえます。
沢山手に入ったら、ピクルスにして保存しても美味しくいただけます。

山ウド

■あけびの芽

あけびは実が食べられるだけでなく、春の芽も独特の美味しさ。
しゃきっとした食感と鮮烈なほろ苦さが特徴です。
水洗いしたらそのまま束ねて衣をつけて天ぷらに、
ほんの少しの塩を加えた湯で湯でれば、クルミや辛子、卵の黄身などであえて、
また鰹節と醤油をかけて、など多彩な食べ方で楽しめます。


あけびの芽


越後よしかわ杜氏の郷

4/30~5/6<越後上越天地人博>会場に出店!

「よしかわ杜氏の郷」は、
直江津屋台会館:で開催中の<越後上越天地人博>会場にて、
4月30日(木)から5月6日まで1週間限定で出店を行います。

上越の地元産のお米と清らかな水、
そして地元越後杜氏の技術で醸したお酒は、絶好のお土産になります。
旅の思い出に、ぜひお買い求めください。

<越後上越天地人博>
「越後上越 天地人博」では、大河ドラマ「天地人」のスタジオセット再現のほか、
ドラマの主人公・直江兼続公や上杉謙信公のほか、春日山城・御館の乱に関する
展示、天地人シアターなどで「天地人」の世界へといざないます。

会場:上越市西本町4-18-12 直江津屋台会館
北陸道上越ICから車約10、JR直江津駅から車約5分

会期:平成 21 年 1 月 17 日(土) ~ 12 月 20 日(日)
【会期中は無休】

開場時間 9 時 ~ 17 時(4 月 ~ 9 月は 18 時まで)

越後よしかわ杜氏の郷

<越後屋俵助 新宿店>に「よしかわ杜氏の郷」無濾過生原酒が登場!

<越後屋俵助 新宿店>は、
テレビ番組<アド街ック天国 新宿西口編>でno.1に選定された人気店。
新潟直送の山海のうまいもんを個室掘りごたつでゆったりと味わえ、
ふつうではめったに出会えない、
蔵人しか飲めない日本酒“無濾過生原酒”が飲める、
知る人ぞ知る名店。
毎日食通・日本酒通で賑わっています。

この名店で、
「よしかわ杜氏の郷」の生原酒を扱っていただくことになりました。
4月から12月まで月替わりで、
違うお酒をお楽しみいただけます。

4月のお酒は「天恵楽 特別純米」。
新潟を代表する酒米・五百万石を永田農法で栽培し、
地元吉川の霊峰・尾神岳のブナ天然林から湧き出す清冽な湧水で仕込んだお酒です。
生原酒なので、他とはひと味違う酒米の風味をよりよく感じていただけます。

数量に限りがあるため売切れ次第販売終了となりますので、
ぜひお早めにご来店ください。

<越後屋俵助 新宿店>

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-19-13 青鈴ビル B1
電話:03-5321-7838
月~木・土・日・祝 16:00~23:30
金 16:00~24:00
定休日:第3日曜日 

お店のホームページはこちら

越後よしかわ杜氏の郷

4月25日(土)~5月3日(日) 松屋浅草にて試飲販売!

4月25日(土)~5月3日(日・祝)
松屋浅草「新潟物産展」にて試飲販売を行います。

連休恒例の「新潟物産展」。
新潟のうまいもんや工芸などを集めての開催ですが、
今回は毎日が企画満載です。

●25日(土)→先着200名様への「天地人ノベルティプレゼント」、
       →150名様限定「新潟お楽しみ袋」販売
       →オープニングサービス
●26日(日)→日替わりサービス
●27日(月)・28日(火)・30日(木)5月1日(金)→2000円以上お買い上げの方にプレゼント
●5月2日(土)→「万代太鼓」実演
●「直江兼続鎧(レプリカ)」展示

詳しくはこちら

初夏の一日、
下町散歩のスタートに、お帰りに、ぜひお立ち寄りください。

越後よしかわ杜氏の郷

道の駅 よしかわ杜氏の郷限定販売!「よしかわの四季ラベル」

ゴールデンウィークを控えた今週から、
「よしかわの四季ラベル 飲み比べセット」の販売を開始しました。
“道の駅 よしかわ杜氏の郷”売店での限定販売です。

よしかわの四季ロゴ

のどかな農村地帯・よしかわの四季おりおりの風景を「よしかわの四季」と題し、
イラストでつづります。
第一弾は初夏編。早苗に飛び交うツバメ。緑まぶしい竹林と旬の筍。
日々緑濃くなる山々に色を添える藤の花。
3種のイラストラベルが
“よしかわ杜氏 大辛口”“よしかわ杜氏 普通酒”“天恵楽 純米酒”を飾ります。

よしかわの四季初夏編
↑よしかわの四季ラベル-初夏編-
定価:1350円(税込)


・抜群のキレとコク “よしかわ杜氏 大辛口”
・飲み飽きしない、まろやかな風味 “よしかわ杜氏 普通酒”
・芳醇なお米の旨みがたっぷり “天恵楽 純米酒”
3つの個性をお楽しみいただける「飲み比べセット」、
道の駅「よしかわ杜氏の郷」来訪記念に、お土産にどうぞ。

越後よしかわ杜氏の郷

4月29日(水・祝)は、「川の手荒川まつり」に出展!

吉川区は、旧よしかわ町時代から東京都荒川区と交流都市の関係。
合併後の現在もその交流は上越市に引き継がれて続いています。
よしかわ杜氏の郷は今年23回になる「川の手荒川まつり」に、
今年も出展します。
交流都市のバザール会場で、私達を探してみてください。

会場では「第23回 川の手荒川まつり 限定記念ラベル」のお酒や、
味噌やお米などの販売も予定。
ぜひお越しください。

-第23回 川の手荒川まつり -

4月29日(水・祝)午前10時~午後4時 川の手荒川まつり

会場 :都立汐入公園及びその周辺(雨天決行)
内容 :

★パレード
  (区内団体によるマーチングバンド ほか)
☆ステージショー
  (区内団体による音楽、舞踊 ほか)
★出店・展示コーナー
  (交流都市の特産品の販売、各種団体のPR ほか)
☆アトラクション(キャラクターショー ほか)
★商業祭バザール
☆我楽多市、模擬店

※車での来場はできません
※自転車駐輪場は収容数に限りがあるため、出来るだけ徒歩や公共交通機関を利用してお越し下さい

★イベントスケジュールや内容など詳細はこちら

越後よしかわ杜氏の郷

大盛況!「よしかわ杜氏の郷 日本酒カクテルを楽しむ会」<後編>

大好評だった「よしかわ杜氏の郷 日本酒カクテルを楽しむ会」で供されたカクテルのレシピを公開します。
ご家庭でもぜひお試しください。
<レシピ制作:バーテンダー 辻岡博文 氏>

●カクテルベースのお酒:「よしかわ杜氏 大辛口」
よしかわ杜氏大辛口カクテルベースに選んだのは「よしかわ杜氏 大辛口」。
よしかわ杜氏の郷で一番辛口のお酒です。清冽な湧水を思わせるキレのよさをほこり、滑らかでふくよかな尾神岳のブナ林の原水のイメージそのままの味わいの中に、お酒本来のお米の甘さや旨さが鮮烈です。今回はすべてのカクテルに本品を使用しました。


カクテル♯1 <サケデキール>

・よしかわ杜氏 大辛口 60ml
・カシス 10ml

フランスワインの銘醸地・ブルゴーニュの地元名産カクテル<キール>をイメージしたカクテル。
ブルゴーニュのディジョン市の市長のキール氏が地元特産の辛口白ワイン<アリゴテ>と、
やはり地元産のクレーム・ド・カシス(黒すぐりのリキュール)
を合わせてより美味しく飲めるようにと考案したそうです。
キール市長の地元に対する思いがしのばれるカクテルに、
私達の吉川への思いを重ねました。
アリゴテに匹敵するほど辛口でしっかりした味わいの「よしかわ杜氏 大辛口」の使用で、
本家に優るとも劣らないものになりました。
さっぱりした軽い口当たりでしかも上品。食前酒にふさわしい味わいです。


カクテル♯2 <サケティーニ・オン・ザ・ロック>

・ドライジン 1/2
・よしかわ杜氏 大辛口  1/2
・オリーブ 1個

きりっとしたキレの良い飲み口で<カクテルの中のカクテル>と呼ばれる定番、
<マティニー>をイメージ。ジンと、ハーブの香りの強い<ベルモット>で作りますが、
ここでは「大辛口」をベルモットの代わりに。
強烈なマティニーに比べてクセがなく、
大辛口の旨さ・まろやかさをジンの刺激が引き立て、
すっきりした飲み口のドリンクになりました。

カクテル♯3 <春暁>

サムライロック

・よしかわ杜氏 大辛口 1/3
・ウォッカ 2/3
・グリーンティリキュール 小さじ1

「桜の季節」をイメージした創作カクテルです。
抹茶風味の日本独自のリキュール「グリーンティリキュール」を用いました。
日本酒の旨み、抹茶という和の要素に、
ウオッカ独特のきりっとした表情が加わって、複雑で味わい深い一品になりました。

カクテル♯4<サムライロック>


サムライロック

・よしかわ杜氏 大辛口 45ml
・ライム 15ml

日本酒のロックにライムジュースを合わせて。
「大辛口」の旨みがライムの酸味でさらに引き立ち、しかもさっぱりと飲める一品です。

カクテル♯5 <ファンタスティック・レマン>


ファンタスティック・レマン

・よしかわ杜氏 大辛口 10/5
・ホワイトキュラソー 2/10
・レモンジュース 1/10
・トニックウォーター 適量
・ブルーキュラソー 小さじ1

銀座のバー「ロオジエ」のバーテンダー上田和男氏による、
「世界カクテルフェスティバル」受賞作のレシピをアレンジ。
キュラソー(オレンジのリキュール)のほのかな甘さとレモンの酸味、
トニックウォータのかすかな苦味が、絶妙のバランスで「大辛口」の旨みに彩りを加え、
美しい青が印象的な、爽やかに飲めるカクテルです。

カクテル♯6 <ホワイト尾神スノースタイル>


・日本酒 45ml
・グレープフルーツジュース 45ml
・ピーチリキュール 10ml

雪深く、恵み深い「尾神岳」をイメージした創作カクテルです。
<スノースタイル>とはグラスの縁をレモンやライムで一ぬぐいして湿らせ、
そこに塩をつける方法。
グレープフルーツの爽やかな酸味とピーチリキュールの優しい甘さと香りが、
「大辛口」を引き立て、女性好みの味わいです。
塩がそれぞれの要素を際立たせ、かつ、さっぱりとした飲み口にしてくれています。

カクテル♯7<梅酒ソーダ>


・よしかわ杜氏 大辛口 45ml
・純米梅酒 30ml
・ソーダ

よしかわ杜氏の郷の人気商品「純米梅酒」を使用したカクテルです。
「純米梅酒」独特のきりっとした酸味を活かしながら、
これからの季節にゴクゴク飲めるドリンクに仕立てました。


辻岡バーテンダー
↑バーテンダーの辻岡博文氏


越後よしかわ杜氏の郷

大盛況!「よしかわ杜氏の郷 日本酒カクテルを楽しむ会」<前編>

桜も満開の4月12日(日)の昼下がり、
当蔵初の企画「よしかわ杜氏の郷 日本酒カクテルを楽しむ会」を行いました。

よしかわ杜氏の郷の日本酒を主材や副材に用いた各種カクテルを、
プロのバーテンダーが創作、皆様に日本酒の魅力をお伝えするとともに、
もっとカジュアルにご家庭でもご愛飲いただける飲み方のご提案をさせていただく、
という趣旨での企画です。

京都から地元吉川区出身のバーテンダー辻岡博文さんを招聘、
原之町の「割烹レストラン 品和亭」での開催です。

日本酒カクテル1

予想以上のご応募をいただきましたが、
バーテンダー1人で多種のカクテルを制作しなけらばならない制約上、
参加人数を限定させていただいたため、
定員到達後のお申込にはご参加をお断りしなければならなくなりました。
ご希望に添えませんでしたお客様には誠に申し訳ありませんでした。

ご参加いただいたのは、45人。
若い女性を中心に老若男女バランスよく揃いました。
それにしても「面白いお酒の飲み方」という趣旨のややマニアックな催しに、
これだけの方々にお出でいただける、ということは素晴らしいことです。
「杜氏の隠れ郷」よしかわの人々は、やはり成熟した酒文化を持っておいでです。

日本酒カクテル2
↑<ファンタスティック・レマン>

用意したカクテルは7種。
よしかわ杜氏大辛口にウォッカとグリーンティを加えて桜の花をあしらった「春暁」、
大辛口と「純米梅酒」にソーダを加えた「梅酒ソーダ」など、
日本酒の独特の旨さを洋風のテイストの中に活かした、洗練された感覚のものばかり。
すべて辻岡バーテンダーの創作です。

辻岡バーテンダー
↑バーテンダーの辻岡博文氏

この日のために帰郷した辻岡さんは「45杯も同じカクテルを作るのは生まれて初めて」と
笑いながら、ひととおりカクテルが供された後も、
お替りのリクエストに応じてくださるなど、大車輪で頑張ってくださいました。

料理は地元の筍の煮物、ホタテの味噌田楽、
もずくの天ぷらなど旬の素材を用いた創作和風料理。
フレンチの洋食器で供され、カクテルと合わせて和洋が溶け合いなじみあった、
不思議な、でも美味しい食の空間が現出しました。
〆にはよしかわ杜氏の郷のうどんを用いた「桜のうどん」、
デザートにはジェラート「よしかわのかおり」が供されて、
場々谷池に差し掛かる桜を眺めながらの宴は終了。
皆様ご満足の様子でお帰りになりました。

「日本酒離れ」が喧伝されて久しいですが、
発泡酒や焼酎では味わえない「深さ」や「粋」を味わえるのはやはり日本酒。
日常の中に、くっきりした一区切りをつくってリラックスされてくれるのはお酒ならではです。
今回の企画でも、
そんな日本酒の素晴らしさの一端をご体験いただけたのではないかと思います。
いろいろな方法でカジュアルに日本酒を楽しめる方法を、
私達はこれからも提案していきたいと思います。

※今回創作したカクテルのレシピは、
明日(16日)付けの当ブログに掲載します。併せてご覧ください。


越後よしかわ杜氏の郷

4月11日(土) 吉川区観桜会にて試飲販売

4月11日(土) 吉川区観桜会にて試飲販売

11日は恒例の吉川区観桜会(13:30~)。
桜は満開、天候にも恵まれて、絶好のお花見日和になりそうです。
「よしかわ杜氏の郷」は、当日会場にて試飲販売を行います。

太鼓演奏やよさこいソーランなどのパフォーマンスあり、
模擬店の出店ありの「観桜会」。
晴れた空の下で昼下がりに飲む日本酒も格別なものです。
よしかわ杜氏の郷のお酒をぜひお楽しみください。

会場:吉川区総合事務所

越後よしかわ杜氏の郷

よしかわ杜氏の郷「日本酒カクテルを楽しむ会」開催間近!

4月12日(日)  よしかわ杜氏の郷の“日本酒カクテルを楽しむ会”

初企画!「よしかわ杜氏の郷」のお酒でプロのバーテンダーが各種カクテルを創作します。
よしかわ杜氏の郷のお酒ならではの個性が生きる、お洒落なカクテルの数々を、
カクテルに合わせたスペシャル・ディッシュとともにお楽しみください。


暖かい季節が訪れようとしています。
よひかわ杜氏の郷では、
冷やして美味しく食事にも合う「にごり酒 夏にごり」、
やはり冷たくしても旨みと爽やかさが溢れる「雪室熟成」など、
これからの季節の食事を美味しくするお酒が次々に登場します。
お食事に合わせて最適なものを選んでぜひお試しください。

魚や肉、さっぱり、こってり、甘いもの、酸っぱいもの・・
よしかわ杜氏の郷のお酒は、
ワインを料理に合わせるようにして、
食事との最高のマリアージュが楽しめるラインアップを用意しています。

ところでワインには、ワインの美味しさを活かしながら、
カジュアルに飲める“カクテル”のレシピがあります。
食前に、夕暮れ時の最初の1杯になど、
ビールよりお洒落で、しかも美味しくて気がきいていて、
休日の昼下がりのリラクセーションタイムを楽しくしてくれるワインカクテル。

甘さと辛口感が絶妙でリラックス感とともにリフレッシュ感を味わえる“キール”、
甘さと苦味にワインの風味が合わさってきりっとした“アメリカーノ”、
シンプルながらワインの風味が一杯で爽快な口当たりの“スプリッツアー”
見た目も口当たりも女性に大人気の“ワインクーラー”・・
様々なワインの特性が、色々なシチュエーションで可愛らしく姿を変えて、
私達を魅せてくれます。

ワインのように選べるバラエティー豊富なよしかわ杜氏のラインアップが、
色々なシチュエーションで色々な表情を魅せる・・・
そんなカクテルが出来ないものか、と考えました。
そこで、
「よしかわ杜氏の郷のお酒カクテル」を試作してみました。
「よしかわ杜氏の郷」のお酒の特性を活かし、
よしかわ杜氏の郷ならではの味わいのお洒落なカクテル。
カジュアルに飲めるものから、
フォーマルの場でも自信を持ってお勧めできるものまで、
プロのバーテンダーと杜氏の郷のスタッフが試作を重ね、
選び抜いた作品を今回発表いたします。

もちろん、
よしかわ杜氏の郷のお酒があれば、
誰でも簡単に再現できる説明つき。

「よしかわ杜氏の郷の日本酒カクテル」で、
毎日の食事と語らいがもっと楽しくなると幸いです。

ぜひご参加ください。

会場:懐石レストラン 品和亭(新潟県上越市吉川区原之町1360番地 電話:025-548-2008)
時間:15:30~
お問い合わせ・お申込:よしかわ杜氏の郷 電話:025-548-2331

越後よしかわ杜氏の郷
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。