スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<越後屋俵助 新宿店>6月のよしかわ杜氏の郷の月替わり無濾過生原酒

この4月から、
<越後屋俵助 新宿店>
「よしかわ杜氏の郷」無濾過生原酒をお飲みいただけるようになっています。
毎月1種類の無濾過生原酒を月替わりでお客様にご提供するという企画。
12月まで続いていますので、ぜひお越しください。

6月からの1ヶ月は<よしかわ杜氏 本醸造 大辛口>の原酒です。
よしかわ杜氏の郷で一番の辛口酒ですが、
無濾過生原酒ではお米の深い味わいとキレのよさがより一層際立っています。

今後の予定は、

7月 吟醸
8月 有りがたし(純米)
9月 雪あかり(にごり酒)
11月 特別純米
12月 大吟醸

と続きます。
お気に召した方は、ぜひ次月にもお越しいただき、
よしかわ杜氏の郷の新たな味をお楽しみください。

<越後屋俵助 新宿店>は、
テレビ番組<アド街ック天国 新宿西口編>でno.1に選定された人気店。
新潟直送の山海のうまいもんを個室掘りごたつでゆったりと味わえ、
ふつうではめったに出会えない、
蔵人しか飲めない日本酒“無濾過生原酒”が飲める、
知る人ぞ知る名店。
毎日食通・日本酒通で賑わっています。

●越後屋俵助 新宿店

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-19-13 青鈴ビル B1
電話:03-5321-7838
月~木・土・日・祝 16:00~23:30
金 16:00~24:00
定休日:第3日曜日 

お店のホームページはこちら

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト

6月の出張販売スケジュール

遅くなりましたが、6月の出張販売の予定をお知らせします。
6月は物産展など首都圏等県外での販売はなく、
地元近辺での販売のみになります。

●6月23日(火)は臨時休業となります。

6月13日(土)
吉川区原之町商店街「あじさい祭り」に出店。
ジェラート“よしかわのかおり”を販売します。
真っ白なミルクジェラート

※あじさい祭りは、18:30開始です。

6月13日(土)~14日(日)
あらい道の駅〈カンパーナあらい〉「くびきの地酒コーナー」にて試飲販売。

6月13日(土)~14日(日)
JAえちご上越“サマーフェスタ”に出店。
車や電化製品・農産物等の特価販売で毎年大盛況の“サマーフェスタ”。
よしかわ杜氏の郷はお酒の販売を行います。
※会場:JAカーセンター上越(上越市鴨島)9:00~17:00

越後よしかわ杜氏の郷

よしかわの初夏野菜

<よしかわ杜氏の郷>内の農産物直売所<四季菜の郷>は、
「農家のこだわり庭先野菜」を集めたファーマーズ・マーケット。
農家が自家用に栽培する安全で美味しい野菜が毎日入荷しています。

以前にも書きましたが、<四季菜の郷>は、
いわば野菜のコンペティション会場。
それぞれの農家が美味しさを競い合っており、自慢できる野菜だけが並びます。
誰もが「自信のない作物は、恥ずかしいから出荷しない」と言うほど、
レベルが高い野菜ばかりが集まります。

この野菜たちは、毎日それぞれの農家が自分の朝採れ野菜を運び込んでいるのです。

昨年11月に5周年を迎えましたが、
新鮮さと美味しさと安さが評判を呼び、
お蔭様で毎日開店前からお客様が列を作ってくださり、
閉店前に完売してしまうほどになりました。

さて、よしかわは初夏の野菜のシーズン。
<四季菜の郷>にも、新顔が並び始めました。

●キャベツ

この小ぶりなキャベツは
ただのキャベツではありません。
芽の時期を雪の下で過ごしたキャベツです。
甘味が強く、葉はしっかりしていますが柔らかく、とてもジューシー。
とても贅沢な味わいです。ぜひ生で味わってみてください。

キャベツ

●小松菜

葉も茎も筋っぽさはみじんもなく、柔らか。
しっかりした旨みと甘さが詰まっています。
おひたしや炒め物に最高です。

小松菜

●わさび菜

比較的最近出回るようになったアブラナ科の野菜です。「葉わさび」ではありません。
甘さとほろ苦さとクリスピーな食感がたまりません。
ハムやソーセージなどや肉類によく合います。
ハムサラダや肉料理の付け合せに最適。
また、サンドウィッチのレタスの替りに使うと、
びっくりするほどのおいしさです。

わさび菜


●サヤエンドウ

さやも豆も肉厚で、しっかりした甘さと旨みがあり、
筋っぽさもなく柔らかですが、噛めばサヤエンドウらしいしゃっきりした食感が味わえます。
お味噌汁にたっぷり入れて沢山食べたいサヤエンドウです。

さやえんどう

越後よしかわ杜氏の郷

5月19日(火)~5月25日(月)那覇・リウボウデパートで試飲販売!

5月19日(火)~5月25日(月)
沖縄県那覇市のデパートリウボウにて開催される「第5回新潟県物産と観光展」(会場:6階催事場)に出店します。

昨年全米最大の日本酒コンテスト<ジョイ・オブ・サケ>で金賞ダブル受賞を果たした、
「天恵楽 特別純米」「よしかわ杜氏 大吟醸」や、
日本酒本来の濃醇なお米の旨みと辛口感が味わえる「無濾過生原酒」、
どんな食事にもよく合う、さっぱり辛口の「にごり酒」など自慢の日本酒のほか、
コシヒカリやジェラート、酒ゼリー・おこげなどのお菓子類を販売します。

豚肉や野菜の炒め物など、沖縄の日常食によく合うのは味のよく乗った濃醇タイプの日本酒。
お米の旨みに溢れたよしかわ杜氏の郷のお酒は沖縄料理との相性も抜群です。
この機会に私達のお酒をぜひお試しください。

越後よしかわ杜氏の郷


よしかわは田植えのまっさかりです。

よしかわでは、ゴールデンウィークから田植えが始まっています。
日の出から夜まで、いたるところの田圃で人の働く姿があり、田植え機が稼動しています。
冬の間は田圃にほとんど人影が見えなかったよしかわですが、
今は活気と賑わいに満ちています。

雪が少なかった今年、一番の心配は<水不足>。

雪解けの時期の後に適度な降雨があったためか今のところ尾神岳の伏流水は充分ですが、
今年は夏の水不足を予想して、早めに田植えを行う人もいました。
稲の登熟する夏の時期に乾燥があると、
胴割米や乳白米ができてしまうなど、品質が落ちてしまいます。
それを避けるために早めに登熟させてしまおう、ということです。

いつも書くことですが、米作りは<一人一流>。
良質な米をつくろうという農家は皆、
それぞれ自分なりの方法論や判断基準を持っています。
苗の作り方や田植えの時期、
田への水を入れる時期、水を抜くタイミング・・・
稲の生長を観察しながら、日照や気温などの要素を考えて、対応を決断する・・。
そんな小さな決断がたくさん重なってようやく美味しいお米や、
酒造りに最適なお米ができるのです。
<人事を尽くして天命を待つ>というのがよしかわの稲作なのです。

よしかわ杜氏の郷のお酒のための酒米の田植えも始まりました。
早稲の「五百万石」からはじまり、「越淡麗」「山田錦」と続きます。
今回は酒米の田植えの様子を写真でお伝えしましょう。

田植え1
↑田植え直前の田圃。作業は日の出から始まります。


田植え2
↑山田錦の苗です。田植え機に積みやすいよう、田植え前に畦に並べておきます。

田植え3
↑田植え直後の苗。「永田農法」で育てる稲は、通常より広く間隔をとって植えつけます。
茎の根本まで日の光を当てるためと、風通しを良くして病虫害を防ぐためです。


田植え4
↑田植え後の田圃。すっかり日は高く登り、<尾神岳>がくっきりと水田に映えています。

越後よしかわ杜氏の郷

<越後屋俵助 新宿店>5月の「よしかわ杜氏の郷の無濾過生原酒」

<越後屋俵助 新宿店>は、
越後からの産直素材を活かした越後料理と、
名物の<へぎそば>で通におなじみの名店。
テレビ番組<アド街ック天国>でも、
新宿西口no.1の店に選ばれました。

<越後屋俵助 新宿店>の知る人ぞ知るもう一つの名物は、
<無濾過生原酒>。

普通では手に入らない、
蔵人しか飲めない味<無濾過生原酒>を手を尽くして入手、
お客様に提供しています。
これを目当てのお客様が絶えないお店なのです。

この4月から、「よしかわ杜氏の郷」のお酒も取り扱っていただいています。
<無濾過生原酒>はとてもデリケートなお酒。
お酒の個性をきちんと理解いただき、
しっかり管理いただける方のいるお店以外には置けないお酒です。
「このお店ならよしかわ杜氏の郷の無濾過生原酒の良さを伝えていただける。」
そう感じての決断でした。

私達のお酒はとても生産量が少ないので、
毎月の月替わりでご提供させていただいております。

この5月からは「純米吟醸」の無濾過生原酒。
丹精かけて作った酒米で醸した日本酒のスッピンの美味しさをぜひ感じてください。

なお、5月以降のよしかわ杜氏の郷の無濾過生原酒のメニューは、
以下のような予定になっております。

5月 純米吟醸
6月 本醸造大辛口
7月 吟醸
8月 有りがたし(純米)
9月 雪あかり(にごり酒)
11月 特別純米
12月 大吟醸

<越後屋俵助 新宿店>

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-19-13 青鈴ビル B1
電話:03-5321-7838
月~木・土・日・祝 16:00~23:30
金 16:00~24:00
定休日:第3日曜日 

お店のホームページはこちら

越後よしかわ杜氏の郷

いよいよあと3日!松屋浅草“新潟物産展”5月3日まで!

松屋浅草で4月25日から開催の「大新潟物産展」は、
5月3日(日)まで。あと3日となりました。

「よしかわ杜氏の郷」も出店中。
全米最大の日本酒コンテスト「ジョイ・オブ・サケ’08」にて金賞受賞を果たした銘柄、
「天恵楽 特別純米」「よしかわ杜氏 大吟醸」の2点をはじめ、
売り切れ間近の季節限定酒「にごり酒 雪あかり」、
蔵人しか飲めない“すっぴんの日本酒”ささにごり「春かすみ」など、
お値打ちの品を取り揃えております。


下町散策がてら、ぜひお立ち寄りください。

※最終日(5月3日)は夕方5時で閉場となりますのでご注意ください。

越後よしかわ杜氏の郷

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。