FC2ブログ

越後ならではの美味<十全なす>

よしかわでは、夏といえば「十全なす」。
小ぶりながらはちきれそうに充実した巾着型の「十全なす」が、
どの家庭の食卓にも並びます。

十全なす


新潟は古くからなすの名産地。
現在でも日本一の栽培面積を誇り、
県民は日本一なすを食しているとも言われるほど。なすは新潟の食文化の主役の一つです。
よしかわでも、夏の主役格の野菜が、十全なすなのです。

越後には東京などでは目にすることがない在来種のなすが多種あり、
その数は数十種に及ぶといわれていますが、多くは農家で自家消費され、県外に出回ることはほとんどありません。

「十全なす」はその代表格。小型で漬物作りに適した巾着型をした「十全なす」は、多雨や高低温に弱いなど栽培が非常に難しく、また収量も通常のなすの3分の1ほどなので生産農家も僅かな希少品種です。しかし厚めの皮のぷつんと弾けるような歯ごたえと密度の高い果肉のしこしこした食感が人気を集め、地元では最高のなすとされ、その漬物は、ご飯のおかずやお酒のおつまみにと珍重されています。

十全なす浅づけ

十全茄子浅漬け2


上の写真は十全なすの浅漬け。よしかわの夏の代表メニューです。
柔らかな皮と引き締まった果肉が生み出す歯ごたえは、他にない美味しさ。
この塩味としこしこしゃきっとした食感は、ご飯にも、お酒にもとても良く合います。

越後ならではの味わい<十全なす>、皆様もぜひご体験ください。

「十全なす」は、
道の駅よしかわ杜氏の郷内のファーマーズマーケット「四季菜の郷」で販売しております。
添加物不使用の「浅漬け」「粕漬け」などの加工品もご用意してありますので、
そちらもぜひご利用ください。

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード