FC2ブログ

五百万石順調に生育中!

<冷夏><空梅雨>と予想された今年の夏。
水は大丈夫か。お米はしっかり実をつけるのか。じっくり登熟させられるのか。
よしかわでも米作りは不安の中で始まりました。

実際春から夏にかけて、日照不足や長雨、気温の低下に悩まされました。
全国的にも、県内でもお米の作況不良や野菜の不作が報じされています。
しかしよしかわでは、天の助けで、酒米・五百万石は順調に生育することができました。
米粒は充実し、水を切った田圃で稲は日に日に黄金色を深めています。

五百万石1
↑霊峰・尾神岳と五百万石の圃場。夕陽を浴びた稲が金色に輝きます。

低気温や日照不良、長雨が続く中、
他地域同様稲の成育は遅れがちでしたが、
ここよしかわでは、
出穂・開花期を迎える7月下旬、登熟期後半のお盆以降など、
お米の作柄や品質にとって重要な時期に、
晴天が続いたのです。そのため空の籾は殆どなく、
昼の高温と夜の低温のもと、じっくり登熟をすすめることができました。
現在は登熟の最終期。稲は9月初めの稲刈りに向けて熟成を進め、糖度を高めています。

五百万石2
↑五百万石の穂。出穂後の好天のため粒ぞろい。しっかりと実が詰まっています。

五百万石はなかなかの出来になりそうな目星がつきましたが、
山田錦はこの週末に出穂、週明けには開花を迎えます。
これからは残暑がいつまで続いてくれるかが勝負。
まだまだ天気と稲とのにらめっこが続きます。

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード