FC2ブログ

「雪室熟成酒」の準備は万端です。

ここ数年暖冬が続き、
雪の少ない冬にすっかり慣れてしまっていましたが、
今年は久々の大雪。
道の駅よしかわ杜氏の郷では、構内の雪下ろしや雪かきに追われる毎日です。

雪の案内所
↑無料休憩所の前。除雪した雪は屋根の近くまでの高さになりました。

そんな中、雪の晴れ間をぬって、「雪室」への雪の搬入を行いました。
初夏に販売開始の「雪室熟成酒」の貯蔵のための作業です。

雪室熟成酒は、まず雪室の奥に充分に雪を詰め込み、
その後瓶に詰めた無濾過生原酒を搬入し、さらに瓶の上に雪を被せてそのまま初夏まで静置します。
この雪はほとんど溶けることなく、6月になっても室の中は摂氏2度の温度に保たれたまま。
この環境が、新酒のフレッシュさと熟成の深みを併せ持つお酒を育てるのです。


今回の作業は、その第一段階というわけです。

雪室外観
↑これが「雪室」。尾神岳の山深くにあります。


雪室3
↑積もった雪をトラクターに着けた
整地ダンプに載せ、雪室の中に運んでいきます。


雪室2
↑運んだ雪を雪室の最奥部まで運び、除雪機(ピーター)を使って天井まで積み重ねていきます。

雪室1
↑ふわっとした雪を、氷のように硬くなるまでしっかりと踏み固めるのが肝心。
雪で出来た大量の氷が、夏まで室の中の低温を維持してくれるのです。
沢山の雪も、固めれば驚くほどの少量に。この作業を何度も繰り返して室の中を一杯にしていきます。


朝から夕方までの作業で、雪室の準備は万全。
この後はお酒の搬入を行い、さらに雪を詰めて初夏まで室の扉を閉ざします。
昨年収穫の酒米は最高の状態となり、この厳冬で最上の条件での醸造が行え、
新酒の味わいは上々。大雪のため今年の雪室のコンディションも最上です。
ベストな条件がいくつも重なった今年の「雪室熟成酒」。
6月にどんな味になってくれているか、今から楽しみでなりません。

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード