スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月1日(木)~6日(火)は、 広島 福屋広島駅前店「第4回 大新潟まつり」にて試飲販売

4月1日(木)~6日(火)の6日間、
広島 福屋広島駅前店「第4回 大新潟まつり」にて試飲販売を行います。

ふくよかなお米の旨みが特徴の「よしかわ杜氏の郷」のお酒は、
瀬戸内の新鮮な魚との相性も抜群。
しっかりしたボディーが、お魚の旨みを引き立て、
キレのよい酸のため、後口もすっきり。
お米の質にこだわり、米どころ・越後よしかわの地元産の酒米だけを使用た私たちのお酒を、ぜひご賞味ください。
カープやサンフレッチェのテレビ観戦をしながら飲めば、旨さもひとしおです。

私たちのお酒の特徴は、幅広い味のバリエーション。
ぜひ、お好みの味を見つけてください。

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト

週末は満開の桜の下、よしかわ杜氏の郷の「桜ラベル」で一献!

関東の桜もいよいよ開花。
この週末が満開になるとのこと。
ご家族や会社の仲間、お友達とのお花見の予定で週末は一杯、という方も多いのでは。

そんなお花見をもっと盛り上げるのが、
この季節だけ数量限定で発売する「天恵楽 純米 限定桜ラベル」。

今年は「よしかわ杜氏 大辛口」も桜のラベルで登場、
優しくふくよかな味わいの「純米酒」と、
きりっと辛口の「大辛口」、お好みに合わせてお選びいただけるようになりました。

桜ラベル
↑左が春霞の中の桜をイメージした「天恵楽 純米 桜ラベル」720ml 1,155円(税込) 、
右が夜桜をイメージした「よしかわ杜氏 大辛口 桜ラベル」720ml 924円(税込) 。 


どちらも「道の駅 よしかわ杜氏の郷 売店」と、
当蔵ネットショップのみでの限定販売です。

桜の花の下での、お米の味がしっかり乗った美味しいお酒は、
体にも心にも染み入る旨さです。
春の宴をもっと楽しくする「桜ラベル」、
まだ間に合います。ぜひご用命ください。

ネットショップはこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_s1.html

越後よしかわ杜氏の郷

東京・広島の「あん庵」で、“よしかわ産永田農法コシヒカリ”をご賞味ください

豆腐と地鶏、そして豊富なお酒で居酒屋・赤坂「あん庵」は、
雑誌・東京Walkerの「東京旨い店グランプリ」ベスト8にも選出された名店。
ゆったりくつろげるお店として大人気です。
そして、オフィスの多い赤坂の中でも、
《リーズナブルで美味しい》と評判のランチスポットでもあります。

その「あん庵」のランチのご飯に、
この2月から、よしかわの永田農法米を採用いただいています。

よしかわは、魚沼と同じ土壌に恵まれ、日の出から日の入りまでたっぷり陽光を浴びる西向きの斜面があり、
寒暖差が大きく、海から吹き上げる風のため病気や害虫の被害がないなど、お米作りには最適の環境。
恵まれた環境を最大限に活かし、徹底的に食味にこだわって栽培したのが「よしかわの永田農法米」。
通常より稲の間隔を開けて植え、稲の根本まで風や日光が届くようにし、
水や肥料の使用を極限まで減らすことで健全な稲を育てます。
こうしてできたお米は、食味を悪くする成分“アミロース”が少なく、しっかりした旨みがあり、
糖度が高いのが特徴です。

「お客様に、もっと美味しい昼ごはんを食べてもらいたい」という「あん庵」様に、
よしかわのお米を選んでいただきました。

あん庵1
↑「あん庵 赤坂店」。地下鉄赤坂見附駅を出てすぐの<みすじ通り>にあります。
 駅からはわずか3分。

あん庵2
↑入り口には「よしかわ産コシヒカリ」のポスターが。
 コシヒカリを生産する篤農家の写真入りです。



あん庵3
↑ランチメニューの一つ、「大山鶏の竜田揚げ 辛ネギソース御膳」。
丁寧に炊いたお米は一粒一粒がしっかりと粒立ち、透明感があります。



あん庵4
↑ 「大山鶏の味噌カツ丼」。ちょっとピリ辛の味噌ソースが、錦糸卵の甘みとマッチ。
ご飯の美味しさが際立ちます。


あん庵5←ランチには「あん庵」自慢の手作り豆腐がつきます。

あん庵6←デザートがつくのも女性に人気の秘密。この日は「黒糖ゼリー」。

3月のある日、「あん庵 赤坂店」を訪問してみました。折りしもお昼直前で赤坂見附駅界隈にはもう昼休みのサラリーマンやOLがあふれています。お店のお客様は意外なほど若く、20代や30代がほとんど。そして半分以上が女性です。「お豆腐ハンバーグ御膳」「とろみ湯葉の豆腐丼」など女性好みのヘルシーメニューや、「 大山鶏の親子丼」などボリューム感のあるメニューを取り揃え、ご飯はお替り自由で丼物は大盛りが注文できるので、ヘルシーに食べたい女性にも、がっつり食べたい男性にも満足できるお店なのです。

ランチを頼んで気になるのはもちろんお米。でも料理が供された瞬間に安心しました。ご飯はひとつぶづつがきれいに粒だち、透明感があります。これが美味しく炊けている証拠。食べると、よしかわのコシヒカリの特徴であるよい香りが漂い、甘みも旨みもしっかり引き出されています。この日は 「大山鶏の親子丼」「大山鶏の竜田揚げ 辛ネギソース御膳」を注文しましたが、どちらも鶏はさっぱりサクっと揚がって美味しく、味噌や辛ネギのソースがコシヒカリの旨さをより美味しく感じさせてくれるのには感動しました。

お店を出ると、入り口には行列が。大抵の行列は何となく殺気だっているものですが、こちらのお店のお客様はなごやかな雰囲気。これからの食事をとても楽しみに待っているような表情です。
こんなに沢山の人に毎日よしかわのコシヒカリを味わっていただけることを、とてもうれしく思いました。

■あん庵 赤坂店
〒107-0052 東京都港区赤坂3-10-14 1F
TEL:03-5549-2527
定休日:無休 
ランチ:月~金11:30~14:00
☆ランチメニューの詳細はこちら→http://r.gnavi.co.jp/a045200/menu4.htm
☆お店の詳細はこちら→http://r.gnavi.co.jp/a045200/

■あん庵 袋町店
〒730-0036 広島県広島市中区袋町1-13 日専連ビルB1
TEL:082-243-6351
定休日:無休 
☆お店の詳細はこちら→http://r.gnavi.co.jp/y018201/

★「よしかわ産永田農法コシヒカリ」は、よしかわ杜氏の郷ホームページからもご購入いただけます。
詳細はこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_s6.html

越後よしかわ杜氏の郷

表参道・新潟食楽園で試飲販売を行いました。

東京のファッションの発信地・表参道で「新潟の食文化」を発信しているのが、
「表参道 新潟食楽園」。表参道ヒルズの隣にあります。
よしかわ杜氏の郷では、年に数回、食楽園の売場で試飲販売を行っています。
今月は3月13日・14日の2日間、販売を行いました。
お買い上げいただいたお客様、誠にありがとうございました。

表参道ネスパス1
↑「表参道新潟館ネスパス」の入り口。
入り口前の一角では、毎週末イベントを開催。新潟の観光や産品のPRや販売が行われます。

表参道ネスパス2
↑試飲販売の際には「特設売場」が設置されます。
当蔵では、ふだん東京ではお買い求めいただけない、
季節ごとの限定商品を中心に販売します。
今回は、
純米吟醸酒に使う酒米山田錦の玄米を使用した異色のお酒「有りがたし 搾りたて」、
春だけのお酒「春かすみ ささにごり」がメイン。
糸井重里さん命名の「有りがたし」は早々に完売となってしまい、
うれしい悲鳴。皆様にはご迷惑をお掛けし、申し訳ありませんでした。

「食楽園」では、「有りがたし」「天恵楽 純米吟醸」「純米梅酒」などを常備。
いつでもお買い求めいただけますので、ぜひご利用ください。

次回の「食楽園」での試飲販売は5月の予定。
日程はホームページでご確認ください。

★「有りがたし しぼりたて 無濾過生原酒」、「天恵楽 純米 “春かすみ”ささにごり」は、
よしかわ杜氏の郷ネットショップでもお買い求めいただけます。
→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_s1.html


越後よしかわ杜氏の郷

3月20日(土)・21日(日) 、東京世田谷・千歳烏山駅前の「シミズヤ」で試飲販売!

3月20日(土)・21日(日)の2日間、
東京世田谷・千歳烏山駅前の「シミズヤ」様店頭にて、
恒例の試飲販売を行います。

シミズヤ様は、選りすぐりの品だけを集めた高級スーパー。
内外の地域のこだわりの食材を集めた品揃えが、
通をうならせるお店です。

よしかわ杜氏の郷のお酒を、東京で一番沢山の種類を扱っていただいているのが、このシミズヤ様。
常時10種ほどのお酒を常備していただいています。
ボルドーやブルゴーニュワインの名品とともに私たちのお酒を扱っていただいていることに、
とても誇りを感じておます。

そのご縁で、私たちは年に数回の店頭試飲販売をさせていただいており、
今回は今年2回目です。

いつも置いていただいている品以外の商品をお披露目するのが、
シミズヤ様での店頭販売。
この時期だけのお酒、蔵人だけが体験できる味わいの「天恵楽 純米 ささにごり 」など、
食卓をもっと楽しくするお酒を持っていきます。

ぜひ私たちのお酒をご体験ください。

越後よしかわ杜氏の郷

NHK「ふるさとの食にっぽんの食」に出展しました。

今年で9回目になる「NHKふるさとの食にっぽんの食 全国フェスティバル」が、
本年も3月13日・14日の両日開催、よしかわ杜氏の郷は今回も出展しました。
「よしかわ杜氏の郷」のお酒や特産品を沢山お買い上げいただいた皆様、
ありがとうございました。

NHKにっぽんの食ふるさとの食1

↑会場は「どーも君市場」。けやき並木通り一帯が巨大なマーケットになります。
両日とも好天に恵まれ、沢山のお客様がおいでになりました。

NHKふるさとの食にっぽんの食2

↑会場には様々な料理の香りが交じり合って漂い、さながら東南アジアのマーケットのよう。
全国各地の生産者のブースが立ち並び、威勢の良い客寄せの声が飛び交います。
お客様は何度もけやき通りを行ったりきたり。
ゆっくりと買い物や、買い食いを楽しみます。

NHKふるさとの食にっぽんの食3

↑よしかわ杜氏の郷のブースです。
お酒の数々や産品の販売のほか、「よしかわ杜氏 大辛口」「天恵楽 特別純米しぼりたて」「にごり酒」「春かすみ 純米」を販売。わざわざ何度も来てくださり全種類制覇、というお客様や、
おいしかったから、と同じ銘柄を何度もお飲みになるお客様も多数いらっしゃいました。
「米どころのお酒はやっぱり旨いね」と、何人もの方にお褒めいただき、酒屋冥利に尽きる思いでした。

NHKふるさとの食にっぽんの食4

↑今回、よしかわ杜氏の郷のお酒は老若男女とわずお買い求めいただきましたが、
特に若い女性に気に入っていただくことが多かったのがうれしい限り。
若い女性はスイーツやお酒を本当に楽しんでおられる方が多いようです。

まだまだ東京では知名度の低い「よしかわ杜氏の郷」のお酒。
今回も沢山の方に知っていただくことができました。
私たちのお酒が、楽しいイベントの思い出とともに皆様の記憶に残ることを祈りつつ、
2日の日程を終えました。

越後よしかわ杜氏の郷

にいがた酒の陣2010大盛況!

7回目を迎え、すっかり恒例イベントとなった「にいがた酒の陣」。
新潟の蔵元が大挙集結してそれぞれのお酒をアピールするイベントです。

今年もこの週末13日・14日の2日間、新潟の蔵元91軒が参加して開催されました。
もちろん、「よしかわ杜氏の郷」も出展、
「しぼりたて天恵楽特別純米」「有りがたし」「にごり酒」「よしかわ杜氏大辛口」、
「純米梅酒」「天恵楽純米吟醸」「よしかわ杜氏大吟醸」などを皆さんにお披露目しました。

初めての回は5万人の入場者でスタートした「にいがた酒の陣」ですが、
年々入場者数は伸び続け、昨年は7万8千人。今年は昨年の113%増でついに8万人を越え、
会場は日本酒ファンの熱気に溢れています。

2010酒の陣1
↑大入りの会場。熱心な日本酒ファンが各ブースに熱いまなざしを注ぎます。

日本酒の生産量は年々減少しているそうですが、
この会場に居合わせると、そんなことは嘘に思えるほど。
ご来場のお客様も、以前は中高年の男性が多かったのに対して、
最近は老若の女性グループや中年ご夫婦や若いカップルも目立ちます。
韓国や中国からお見えの方も多かったように思います。

とにかく皆さんご熱心で、
ライフスタイルの中に上手に日本酒を取り込んでおられる方が多い印象。
お友達やご夫婦で料理とともに一緒に日本酒を楽しむ。
そんな生活が、確実に広がっているように感じます。
そのせいでしょうか「大辛口」「にごり酒」など、日常の食事に合わせて美味しい、
リーズナブルな価格の商品に、特に関心が高かったように思います。

一昔前の「日本酒ファン」は、とにかく有名ブランド以外には目を向けませんでした。
しかしこの催しにいらっしゃるお客様は違います。
たとえ無名でも、良いもの・美味しいもの・好みに合うものがあれば、
とわざわざここに足を運び、そんなお酒に出会えれば、
喜んで受け入れてくださいます。

2010酒の陣2
↑お酒に関するご質問に追われてスタッフも汗だく。メモをとりながらのお客様も多く、お酒への興味や関心の高さに感動します。


試飲のお客様も、ただ飲むだけではなく、詳しくお米や製法などについてお聞きになる方が多く、
一つ一つの蔵の個性をしっかり味わいつくそう、という意欲を感じました。
ある傾向のお酒だけを良しとするのではなく、
新潟の日本酒の多様性を楽しむ、という成熟したお酒の愉しみかたも、
あたりまえになってきているようです。
地方の良さを感じるお酒やそれぞれのこだわり、個性の違いを愛し、楽しむ。
日本酒ファンも進化しているのです。

ワインの世界では、ボルドーやブルゴーニュの一つ一つの蔵元や畑の違いを味わい、
また蔵元を訪ねることが普通に行われるようになっていますが、
日本酒でも、そんな時代が間近にやってくるのでは。
日本酒が厳しい状況はまだまだ続いていますが、
その先には、明るい未来が開けていることをしっかり感じた2日間でした。

越後よしかわ杜氏の郷

13日・14日は、「にいがた酒の陣」に出展しています。

3月13日(土)・14日(日)の両日に開催される、
「にいがた酒の陣 2010」に今年も出展します。

個性さまざまな新潟酒の中でもとりわけ個性的なお酒が「よしかわ杜氏の郷」のお酒。
新潟と言えば「淡麗」のイメージとは確実に一線を画す、
お米の旨みをしっかり引き出した味わいは、米どころ・越後ならでは。

ぜひ当蔵ブースにお立ち寄りください。


【会場】朱鷺メッセ「ウェーブマーケット」
【時間】13日・10:00~18:00
    14日・10:00~17:00

越後よしかわ杜氏の郷

13日(土)・14日(日)は、「表参道新潟館 食楽園」NHK「ふるさとの食 日本の食 全国フェスティバル」へお越しください。

3月13日(土)・14日(日)には、
東京の2箇所で私たちのお酒をお試しいただけます。


●東京表参道・新潟館 ネスパス 新潟・「食楽園」様にてお酒の試飲販売を行います。
折りしも花見シーズン直前。楽しいお花見に、ぜひ私たちのお酒をご利用ください。

蔵人だけが飲める搾りたての味、春だけのお酒「天恵楽 春かすみ」や、
新酒各種、大好評の「純米梅酒」などをご用意いたします。

●NHK「ふるさとの食 日本の食 全国フェスティバル」に出展。
お酒や特産品を販売予定です。
〈代々木公園けやき並木通り〉会場で私たちのブースを見つけてください。

越後よしかわ杜氏の郷

よしかわの四季ラベル「春編」が登場しました。

「道の駅 よしかわ杜氏の郷」のみで販売の
飲み比べセット<よしかわの四季>、「春編」が発売中です。

豊かな自然とロハスな農業の郷の四季おりおりの姿をイラストにあしらった
「よしかわの四季ラベル」は、
きりっと辛口の「よしかわ杜氏 大辛口」
飲み飽きしないふくよかな味「よしかわ杜氏 普通酒」
やさしいお米の旨みの「天恵楽 純米酒」の3種のセットで、
持ち手つきビニールバック入りでの販売。
よしかわの手頃なお土産として人気です。

季節限定ラベル 春

春編のイラストは、<カタクリの花><山菜><菜の花と尾神岳>の3種。
イラストにまつわるストーリーをご紹介します。

●カタクリの花(左の茶色ビン:よしかわ杜氏大辛口)

雪解けの後のブナ林や里山の雑木林の中で、ひっそりと春を告げるように咲く紫の花が、「カタクリ」。木々に葉が繁って林の中が暗くなってしまう前に、光を求めて先を急ぐように、まだ冷たい地面から顔を出して花を咲かせます。田圃の手入れや苗床作りの段取り、今年はどんな野菜を育てようか…。長い冬の間、春からの仕事を待ちかねて思いを巡らすよしかわの農家は、春に先んじて咲き誇るカタクリに、自分達の姿が重なって見えます。

●春の山菜(中央の透明ビン:よしかわ杜氏普通酒)

よしかわは山菜の宝庫。里山に、畦に、林の中に、用水のほとりに…いたるところでこごみやふきのとう、沢菜やわらび、三つ葉や山ウド、こしあぶらやあけびの芽など、美味しい山菜が顔を出します。地味豊かなよしかわは、上質のお米が自慢。そして肥沃な土地に生える山菜は、柔らかくてアクが少なく、旨みも香りもたっぷりに。よしかわの山菜は、米どころならではの美味しさなのです。

●菜の花(右の緑ビン:天恵楽純米酒)

桜の季節の前に、菜の花が道端や畦道のそこここで、黄色い花を咲かせます。田圃や畑の手入れや苗床作り、冬の間に傷んだ用水や道の補修などに忙しいこの時期、ふと手を休めたときに目に入る、柔らかな黄色をした花は、仕事に追われるよしかわの農家を、ひとときなごやかな気持ちにしてくれます。

季節ラベル春2
よしかわ杜氏の郷 飲み比べセット「よしかわの四季 春編」300ml×3本 1300円(税込)


よしかわご訪問の思い出に、お土産に、ぜひご利用ください。


越後よしかわ杜氏の郷

3月10日~15日は、鹿児島山形屋「大新潟展」にて試飲販売!

3月10日(水)~15日(月)の5日間、
鹿児島山形屋で開催される、
〈第5回大新潟展〉にて試飲販売を行います。

ふくよかで豊かな米の旨みを持つ「よしかわ杜氏の郷」のお酒は、
しっかりした味付けの鹿児島料理にぴったり。料理に負けず、味わいをさらに引き立てます。

昨年も大好評の「よしかわ杜氏の郷」のお酒、
今年はさらに旨くなっています。ぜひお楽しみください。

★今年は目玉商品として「味比べセット」通常1300円を特別価格1000円でご用意しました。
70本限りですのでお早めにどうぞ。

越後よしかわ杜氏の郷

春だけのお酒「春かすみ」今年も発売開始!

よしかわは「春霞」の季節。寒さが緩まり、蒸発して空気の中に漂う雪溶け水が朝夕の寒気で霧となって、
よしかわの田畑や道路一面を覆いつくし、幻想的な景色が広がります。
それは、冬と春の間のエアポケットに入ってしまったような、不思議な時間と空間です。
「春霞」が始まると、まだ雪は沢山残っているものの、ようやく長く厳しい冬が明けるのだ、
という実感が、誰の胸にも押し寄せてきます。

↓この週末に撮影した春霞です。
春霞


冬が終わり春を待つ、新鮮で希望の充ちた、浮きたつような気持ち。
そんな気分を味わえるお酒「春かすみ」を、今年も発売します。
澱を引いて濾過や加熱を行う前の<すっぴんの日本酒>、「ささにごり」です。

春かすみ1

お酒の中をたゆたう、繊細できれいな白い微粒子は、もろみの名残り。豪雪の季節が終わり、暖かくなると共によしかわの山河や田畑一面を覆う春の霞を思わせます。厳冬を耐えた越後よしかわの人々は、春の霞を眺めながら、生命の充実と生きることの幸せを感じるのです。そんな私たちの思いをこめて、「春かすみ」と名付けました。もろみの香りをわずかに残し、お米の味が充実したイキイキした味わいのお酒です。

↓「霞」のような繊細な微粒子は、もろみのなごり。搾りたてそのままのお酒の証明です。
春かすみ2

もろみを搾った直後のお酒には、微細な澱が残っています。この状態のお酒を蔵人たちは「ささにごり」「おりがらみ」と呼んでいます。これを澱引きや濾過、火入れなどを行って透明な状態にして出荷するのが通常の日本酒。「ささにごり」は、何も手を加えない、搾りたてそのままの「すっぴんの日本酒」なのです。蔵人だけが体験できる搾りたての味わい。それが「ささにごり」です。

もろみのさわやかな甘さ、かすかに残る麹の香り、充実した米の旨み、イキイキした味わいは、「ささにごり」ならではの「日本酒本来の美味しさ」。春だけの限定の味をご体験ください。
「道の駅 よしかわ杜氏の郷 売店」「よしかわ杜氏の郷 ネットショップ」にて
お買い求めいただけます。

春かすみ商品

<天恵楽>純米酒「春かすみ」720ml \1,365円

ネットショップはこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_s1.html

越後よしかわ杜氏の郷

白鳥もお別れの季節

この冬はよしかわにも沢山の白鳥が飛来してきました。
明け方には群れをなして空を飛び、
雪の積もった田圃で雪の下の落穂や冬眠中の昆虫をついばむ姿も、
すっかり見慣れたものになりました。

竹直耕地の白鳥

そろそろ雪解けの季節。
少しずつ地面が暖かくなり、
蒸発した雪の水分が朝夕の冷え込みで霧のようになる「春霞」が起こるのも間近です。
白鳥もそろそろ北の地へと戻る準備をしているのでしょうか。
いつもより気ぜわしく動き回っているように感じます。

白鳥の道中は、乱気流や気候の急変なども多く、かなり厳しいものだそうですが、
せっかくよしかわで永らえた命。来年も元気で帰ってきてほしいものです。

越後よしかわ杜氏の郷

桜ラベル、飲み比べセットでも販売開始!

「道の駅 よしかわ杜氏の郷」のお土産として人気の“飲み比べセット”に、
“花の宴”と題して、桜ラベルが登場です。


よしかわ杜氏の郷 飲み比べセット “花の宴”1300円(税込)
<左:よしかわ杜氏 大辛口 中:よしかわ杜氏 普通酒 右:天恵楽 純米 各300ml ビニールバッグ入り>
飲み比べセット“花の宴”

お土産にももちろん、
お花見用のお酒にも最適。
それぞれ違う魅力の味わいで、お酒談義に花も咲きます。
よしかわ杜氏の郷の売店でお求めください。

越後よしかわ杜氏の郷

桜の季節到来!「桜ラベル」、今年は2種で発売中!

桜の開花予報が聞こえてくる季節になりました。
この季節だけ数量限定で発売する「天恵楽 純米 限定桜ラベル」、
お花見に、歓送迎会に、春のギフトに毎年ご好評をいただいておりますが、
今年は「よしかわ杜氏 大辛口」も桜のラベルで登場、
優しくふくよかな味わいの「純米酒」と、
きりっと辛口の「大辛口」、お好みに合わせてお選びいただけるようになりました。

桜ラベル
↑左が春霞の中の桜をイメージした「天恵楽 純米 桜ラベル」720ml 1,155円(税込) 、
右が夜桜をイメージした「よしかわ杜氏 大辛口 桜ラベル」720ml 924円(税込) 。 


どちらも「道の駅 よしかわ杜氏の郷 売店」と、
当蔵ネットショップのみでの限定販売です。

春の宴をもっと楽しくする「桜ラベル」、ぜひご用命ください。

ネットショップはこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_s1.html

越後よしかわ杜氏の郷

3月の出張販売のスケジュール

春休みや春の観光シーズンももう間近。何となくこころが浮き立ってくる3月は、イベントがめじろ押しです。
各地で皆さんに私たちのお酒を試していただけると思うと、私たちも浮き浮きしてきます。
ぜひ各地でのイベントにお越しください。

●3月3日(水)~8日(月)

宮崎山形屋<第2回大新潟展>にて試飲販売。
昨年に続き宮崎にお目見えです。
売店のみでの販売の「天恵楽 越淡麗仕込み純米吟醸酒」をはじめ、宮崎の料理に合うお酒を厳選して持って行きます。

●3月6日(土)・7日(日)

JAえちご上越「創業祭」に出店。
会場:JAカーセンター上越(上越市鴨島)
時間:午前9時~午後5時

●3月10日(水)~15日(月)

鹿児島山形屋<第5回大新潟展>にて試飲販売。豊富な鹿児島の海の幸、山の幸に良く合う、お米の旨みがしっかりした「よしかわ杜氏の郷」のお酒を、ぜひお楽しみください。

●3月13日(土)・14日(日)

NHK「ふるさとの食 日本の食 全国フェスティバル」に出展。お酒や特産品を販売予定です。
<代々木公園けやき並木通り>会場で私たちのブースを見つけてください。

●3月13日(土)・14日(日)

「にいがた酒の陣 2010」に今年も出展。個性さまざまな新潟酒の中でもとりわけ個性的なお酒が「よしかわ杜氏の郷」のお酒です。ぜひ当蔵ブースにお立ち寄りください。

【会場】朱鷺メッセ「ウェーブマーケット」


●3月13日(土)・14日(日)

東京表参道・新潟館 ネスパス 新潟・「食楽園」様にて試飲販売を行います。
折りしも花見シーズン直前。楽しいお花見に、ぜひ私たちのお酒をご利用ください。

●3月20日(土)・21日(日)

東京・世田谷 千歳烏山のシミズヤ様にて試飲販売。

●4月1日(木)~6日(火)

広島 福屋広島駅前店「第4回 大新潟まつり」にて試飲販売。

越後よしかわ杜氏の郷


カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。