FC2ブログ

ジョイ・オブ・サケ2010にてダブル受賞!賞状が届きました。

本年8月、全米最大の日本酒コンテスト「ジョイ・オブ・サケ2010」にて、
よしかわ杜氏の郷のお酒2銘柄<よしかわ杜氏 大吟醸>
<天恵楽 特別純米酒>が銀賞を受賞しました。
このたび賞状が送られてきましたので、ご覧ください。

2010年ジョイ・オブ・サケ銀賞よしかわ杜氏大吟醸
↑銀賞<よしかわ杜氏 大吟醸>

よしかわ杜氏大吟醸
40%にまで削った最上級の山田錦だけで造った大吟醸酒。「酒米の最高峰」といわれる<山田錦>を100%使用。尾神岳の清冽な原水の滑らかでふくよかな味わいに、山田錦ならではの濃醇な旨みと魅力的な甘みが加わったふくらみのある風味で、旨味と酸のバランスがとれ、心地よい喉越しを誇ります。含み香は豊かで長く残り、すっきりとキレの良い後口が心地よく、穏やかな上立ち香のため、食事と合わせて快適にお飲みいただける大吟醸酒となっています。



2010年ジョイ・オブ・サケ天恵楽特別純米
↑銀賞<天恵楽 特別純米酒>

天恵楽特別純米

よしかわ産永田農法栽培の五百万石を、吟醸酒レベルの60%にまで削って作りました。新潟を代表する酒米「五百万石」の個性を最大限に引き出したお酒です。淡麗な口あたりながらも濃醇なお米の旨みが際立ち、適度な酸味とかすかな苦味が味わいを深くしています。常温や冷やしての美味しさはもちろんですが、お燗での旨さも格別。味わいはより輪郭をはっきりさせ、辛口感が際立ち、飲み口は抜群。食事への相性も、より幅広くなります。


ジョイ・オブ・サケは2001年以来毎年開催されている日本酒鑑評会。
10回目にあたる今回は、166社から329種の出品と今までで最多のエントリーとなりました。
日米10人の審査員が2日間にわたって出品酒を審査します。
銘柄名を隠して味のみで評価する「ブラインド・テイスティング方式」で行われ、
香りや含み香り、味わいや後口、余韻のよさなどから、総合的に判断されます。
この“Joy of Sake ”では、お酒ごとのトータルな魅力や、個性の際立ち方、
料理との相性などがポイントとなります。

「料理との相性の良さ」「米どころならではの個性」は私たちのお酒の目標。
お米の味わいを追求した私たちのお酒は、「淡麗辛口」をよしとする傾向が強い現在の日本ではまだまだ異色ですが、それが一定の評価を得ることが出来たことをうれしく思います。
これからもさらに精進を重ねて日本の食卓をもっと楽しくするお酒を造って生きたいと決心を新たにしています。料理に合う、個性あるお酒、「よしかわ当時の郷」の日本酒を、この機会にぜひお試しください。

ご購入はこちらからどうぞ

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード