FC2ブログ

“法政・吉川交流10周年記念イベント”が開催されました 1

12月4日(土)、東京・千代田区の法政大学富士見坂校舎にて、
“法政・吉川交流10周年記念イベント”が開催されました。

遅くなりましたが、その様子をご報告します。
長くなりますので、3日に分けて掲載します。


法政大学人間環境学部のフィールドスタディの場の一つとして吉川が選ばれ、
農業や農村の姿、里山の自然環境などの学習を通じて法政大学との交流が始まったのが、2000年。
その後、川谷地区や石谷集落などと学生たちとの密接な交流が発展し、
交流開始10周年を迎えることになり、
10年の交流の中で吉川を訪れた法政大の学生は300人を超えました。
これを記念しての式典とパーティです。

法政大学と吉川とのお付き合いのきっかけは、
人間環境学部の堀内行蔵学部長がスパルタ農法といわれる永田農法で有名な永田照喜治氏に、
「学生のフィールドワークの現場として適した農村はないだろうか」と尋ねられたこと。
全国各地の農村を見てまわっている永田氏ならばご存知だろうと思われたからでしょう。
よしかわは30年ほど前から米作りに永田農法を導入しており、
その関係で永田氏はよしかわには何度も訪れており、
厳しい自然に囲まれて昔ながらの暮らしが残るよしかわの人や暮らしをよく知っておられたため、
躊躇なくよしかわを推薦。
当時、当地で永田農法を推進する農業指導員であった、
よしかわ杜氏の郷の山本秀一支配人が役所等に働きかけて、
法政大学への協力が実現したのでした。

最初は土地の人々の暮らしや農業・農村について学ぶ、
というような「フィールドスタディ」を通じての交流でしたが、
やがてその中から自発的に農業体験が始まり、
それが「現地学習」の枠を超えた動きにまで発展していきました。

たとえば、現役学生やOBたちが棚田オーナーとなり、
棚田の維持や農業活動に積極的に関わって、
高齢化や後継者難に悩む過疎地域の活性化に取り組みました。

こうした活動は先駆的な取り組みと評価され、
2009年には石谷町内会が、
「豊かなむらづくり全国表彰事業 北陸農政局長賞」を受賞するにいたりました。
栄誉は町内会に与えられましたが、
よしかわの人々は皆、この賞は法政大学の学生さんへの表彰だと知っています。
このようなフィールドワークを超えた10年間の交流の中で、
中心的な役割を担ってきたのが、このイベントを人間環境学部と共に主催した“法政米米クラブ”なのです。

もちろん、よしかわは法政大学の学生さんたちの恩恵をこうむっているだけではありません。
よしかわは農業の現場を学ぶ場になるとともに、
学生さんたちは「よしかわの元気な方々から元気をもらって帰り、また来たくなる」
と言ってくれます。10年の歳月を通じて、よしかわと法政大学の学生さんたちとは互いに与え、
与えられるという関係を築いて来たのです。

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード