スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月29日(金)・30日(土)・5月1日(日)は、うみてらす名立にて試飲販売!

4月29日(金)・30日(土)・5月1日(日)の3日間、
上越市のうみてらす名立にて試飲販売を行います。

プールで遊び、温泉に浸かり、
目の前の海で獲れた新鮮な海の幸を味わい、
日本海の荒波にもまれた、脂ののった珍しい地魚をお土産に…。
宿泊もでき、お子様連れの日帰り旅行や一泊旅行には最適の場所。
それがうみてらす名立です。
連休にはぜひおいでください。

29日からの3日間の試飲販売では、
全米最大の日本酒コンテストで入賞した「大吟醸」「特別純米」をはじめ、
いろいろなタイプのお酒を試飲できます。
よしかわ杜氏の郷のスタッフが常時アテンドしますので、
お酒のこと、合う料理のこと、何でもお尋ねください。

地魚に一番合うのはやっぱり地酒。
米どころならではの、お米の旨みに満ちたよしかわ杜氏の郷のお酒は、
タイ、ホッコクアカエビ(甘エビ)、ウスメバル、ゲンギョなどの地魚の上品な甘さや力強い旨みを、
さらに引き立てます。
お魚と一緒に、「よしかわ杜氏の郷」のお酒を、ぜひお買い求めください。

越後よしかわ杜氏の郷

スポンサーサイト

4月23(土)・24日(日)は、千歳烏山「シミズヤ」様店頭にて試飲販売!

4月23(土)・24日(日)の2日間、
東京・世田谷千歳烏山駅前の「シミズヤ」様の店頭にて、
試飲販売を行います。

シミズヤ様ではいつもレギュラーで10種類ほどのお酒を置かせていただいておりますが、
店頭販売では、それ以外の季節商品を中心にご紹介しています。

今回は出揃った搾りたて新酒が中心。
酷暑のため「不作」と言われた昨年のお米ですが、
よしかわの酒米は最上の出来。
たっぷりの旨みとお米の味わいをお楽しみいただけるお酒になりました。
喉越しもいつも以上にクリアで飲みやすくなっています。

ぜひお試しの上、お買い求めください。


越後よしかわ杜氏の郷

4月13日(水)~19日(火)新潟伊勢丹地階和洋酒売り場にて試飲販売!

4月13日(水)~19日(火)の7日間、
新潟伊勢丹地階和洋酒売り場にて試飲販売を行います。

よしかわ杜氏の郷のお酒は、
最近、県内の料亭や居酒屋さん、東京都内の新潟料理店などで、
「新しい新潟の味」「料理に合うお酒」と導入がさかんになっています。

淡麗辛口とは一味ちがう、
米どころらしくお米の旨みに満ちた私たちのお酒は、
新潟の山海の幸の美味しさをくっきりと引き立てます。

いままでのお好みのブランドもおありかと思いますが、
この機会にぜひ一度お試しの上、ご購入ください。

越後よしかわ杜氏の郷

4月6日(水)~12日(火) は、阪神百貨店梅田本店にて開催の「新潟うまいもん市」にて試飲販売!

4月6日(水)~12日(火)
阪神百貨店梅田本店地階にて開催の「新潟うまいもん市」に出店。試飲販売を行います。

3月30日にリニューアルオープン、
より魅力アップした地階“阪神食品館”
ワインやお弁当、全国各地のご当地食材や、生鮮など、
美味しいもの好きにとっては要チェック!のスポットに生まれ変わりました。

「新潟うまいもん市」は、その一角、食品催事場でのイベントです。
中央催場では「横山蒲鉾店」の揚げ蒲鉾、「清起商会」の寒風塩引鮭、
「九重園」のお茶、東催場でも「なかよしミート」など、
新潟の美味しいものがズラリ。

新潟の美味しいものには、
米どころ越後のお米の旨みたっぷりの“よしかわ杜氏の郷”のお酒がぴったり。
ふくよかな旨みとキレが旨いもんの味わいをさらに引き立てます。
ぜひお味見の上、お買い求めください。

越後よしかわ杜氏の郷

田崎真也さんの雑誌“ヴィノテーク”で、「有りがたし」が紹介されました!

4月1日発売の雑誌“ヴィノテーク”4月号の
<飯田永介&君嶋哲至セレクション>のコーナーで、
よしかわ杜氏の郷のお酒“有りがたし”が紹介されました。

ヴィノテーク4月号表紙

↑ヴィノテーク4月号の表紙です。


雑誌“ワインと食と酒と ヴィノテーク”は、
ソムリエ世界ナンバー1の田崎真也さんが主催する、
ワインと酒の専門誌。

1980年に創刊、ソムリエをはじめとするレストラン関係者や、
ワイン愛好家必携の雑誌です。

その1コーナー、<飯田永介&君嶋哲至セレクション>は、
日本名門酒会 本部長 の飯田永介さんと横浜のカリスマ酒販店「君嶋屋」の君嶋哲至さんの両名が、
多数の日本酒を試飲し、その上で納得のお酒を厳選して紹介する企画です。

今回「有りがたし」は、
「穏やかな香り。麦わら様の熟成香と香ばしい旨みを感じる、ヴォリューム感のある味わい。甘み・酸味が程よく調和した、厚みのある酒」とのご評価を頂きました。

arigatashi


有りがたしは、よしかわ産永田農法栽培の山田錦を殆ど磨かない玄米のまま醸したお酒。
普通は削ってしまう「ぬか」の部分の美味しさをお酒の中に閉じ込めた、
他にはないユニークな日本酒です。

しっかりしていながら穏やかな酸と濃醇なエキス分、
多種のアミノ酸とミネラルによる複雑な味わいのため、
肉料理やお酢や醤を使った中華料理によく合い、
牡蠣などワインと合わせにくいものにもぴったり。
しっかり系の料理がより美味しくなるお酒として、
現代の食卓にぴったりのお酒として注目されています。


ワインと酒の専門誌で評価された「有りがたし」の味わい、ぜひお試しください。

●「有りがたし」の詳細はこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_a_011.html
●有りがたし[熟成無濾過生詰原酒]BY2006の詳細はこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_s10.html
●今の季節だけの限定酒「有りがたし〈しぼりたて無濾過生原酒〉」の詳細はこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/shop_s_110.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★“ワインと食と酒と ヴィノテーク”のホームページはこちらhttp://www.vinotheque.co.jp/

★“ワインと食と酒と ヴィノテーク”が買えるお店のリストはこちらhttp://www.vinotheque.co.jp/list.html

越後よしかわ杜氏の郷
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。