FC2ブログ

雪景色のよしかわへ、ぜひお越しください!

やや雪が少なめだった今年の冬。
いつもは2~3メートルもの雪が降り積もる山間部でも1メートル位。
しかし25日からは大雪となり、
今日27日現在、平地部では80センチ、山間部でも1メートル50センチの積雪となっています。
今日ご紹介する写真は今朝撮影したものですが、
どうでしょうか、ようやく「豪雪地帯・よしかわの冬」らしい景色になりました。

よしかわ杜氏の郷大雪1

しかし先週は寒さがゆるみ、週末には雪が溶け出すほどでした。
<パルシステム東京>の組合員さんの「酒造り体験」が行われたのは
そんな最中の21日・22日の2日間でした。

60人以上の応募者から抽選で選ばれたお子様5人を含む20名の皆さんが、
よしかわ杜氏の郷を来訪、お酒造りを体験する、というツアー企画です。
旧よしかわ町の時代から<パルシステム東京>様とはご縁が深く、
「コア産地」として、「田植え体験」「稲刈り体験」など産地交流を行っており、
その一環のイベントです。当初は少人数だったご参加者様も徐々に増えて、
今では人気イベントになっています。

さて、組合員の皆様は東京から到着後すぐに蔵の中に入っていただき、さっそく酒造り体験。
洗米や蒸し米の「枯らし」(蒸したお米を運んで、薄く広げる作業です)、
麹作りなどをお手伝い頂きました。

その後、山間部にある廃校を利用した宿泊施設「スカイトピア遊ランド」に移動、
雪一面の広い元校庭に作った「かまくら」の中で焼きたてのお餅や、
よしかわ杜氏の郷の酒粕でつくった甘酒を楽しんでいただく、という目論見だったのですが…

いざ、「かまくら」の中に入ってみると…
数日続いた暖かさに、
大人数の体温や料理の温度が加わって…
徐々に雪が緩んでかまくらの天井は溶け出して、
皆さんのコートやジャケットを濡らし、足元もだんだんとぬかるみのようになり…
やがて最後には「かまくら」はあえなく崩落!

よしかわのかまくら1
↑写真は2009年のパルシステム東京様の「酒造り体験」の際のかまくら。
夜、かまくらの中にろうそくを灯すと、幻想的な風景に一変します。
今年もこんな雰囲気をイメージしていたのですが…



思わぬアクシデントにお子様たちは大喜び、大人は大はしゃぎの子供達を見ながら苦笑い…
なんとも申し訳なく、なさけないことになってしまいました。

組合員の皆さんは翌日、上越ならではのふのりや山芋を使った蕎麦打ちや、
餅つきなどをご体験、大満足のご様子でお帰りになりましたが、
今日のような雪国らしい・よしかわらしい雪景色を見せて差し上げたかったものです。

よしかわ杜氏の郷大雪2

さて、ご紹介した写真をご覧になって、
「これではよしかわに行くのは無理?」とお思いになった方も多いかと思いますが、ご安心ください。

よしかわの道路では、豪雪地帯ならではの入念な除雪が行われているのです。
夜に降り積もった雪も、明け方には除雪車が稼動してきれいに一掃。
交通に不便はありません(もちろんチェーンやスタッドレスタイヤ 、そして注意深い運転は必要ですが)。

よしかわの蔵では今酒造りの真っ盛り、
洗米・蒸し米・麹造り・仕込み・搾り…お酒造りのあらゆる作業が同時進行中。
酒造りの様子をじっくりご覧いただけます。

そして毎日イキイキした味わいの「新酒」が続々誕生中!販売も開始しています。

冬ならではの「酒造りの作業」そして「新酒」、
ぜひ「よしかわ杜氏の郷」にご来訪いただき、お楽しみください。

※売店内の<足湯>は土日・祭日に行っていますが、予告なく中止となる場合がありますので、
お電話にてご確認ください。


ミニかまくら
↑バケツでつくった、ミニかまくら。こんな遊びも雪国ならではです。

越後よしかわ杜氏の郷


スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード