FC2ブログ

1月26日(土)・27日(日) は、表参道にいがた館ネスパス“食楽園”様にて試飲販売!

1月26日(土)・27日(日)
東京・表参道にいがた館ネスパス“食楽園”様にて、
恒例の試飲販売です。

試飲会では、いつもお店に置いていただいているレギュラーの商品以外の、
季節限定の“旬のお酒”をご紹介させていただいています。
蔵元の売店〔道の駅 よしかわ杜氏の郷〕以外ではなかなかお買い求めいただけない、
レアなお酒をご試飲いただいています。

寒さ厳しい、1月の旬のお酒は、“搾りたての新酒”。

○本盛・松○梅・沢○鶴、越の○梅など、
大手酒造のお酒は殆どが他地域で作られた新米・古米を使い、
年間を通して製造されていますが、
私達よしかわ杜氏の郷のお酒は、
地元産のその年に採れたお米のみを使い、
年末から年始の日本一の豪雪地帯の厳寒の低温を利用した、
〔寒造り〕で醸しています。

採れたばかりのお米を使った寒作りのお酒は、
味も香りも、新米そのもののようにフレッシュ。

新米ならではの滑らかで軽やかな甘み、
その中にしっかり潜む、懐かしいような旨み。
ふんわりと横溢する、うっとりするように軽やかな甘い香り…
新米を食するときのときめきと喜びを、
再び味わえるようなお酒なのです。

米どころ・越後ならではの、
この時期だけのイキイキした味わいを、ぜひお楽しみください。

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード