FC2ブログ

「雪室熟成」今年もスタート!

毎夏、<旬のお酒>として大人気なのが、「雪室熟成生原酒」。
「天恵楽 特別純米」「有りがたし」などの搾りたての生原酒(濾過も火入れも加水も行っていない原酒)を厳冬期に雪室に入れ、6~7月に取り出します。
雪室の中はその間4℃程度に保たれ、
お酒は新酒のフレッシュな香りを残しながら、熟成による深みと落ち着きのある味わいに。
暑い夏に、冷やして飲むには最高のお酒になるのです。
雪国ならではのお酒と言えるでしょう。

雪室
↑これが雪室です。

2月27日、今年も雪室へのお酒の搬入を行いました。
尾神岳の中腹にある「雪室」の中に雪を詰めてから、
瓶詰めした無濾過生原酒を搬入、
その後さらに雪を詰め込みます。これで夏まで室の中の温度はほぼ一定に保たれます。
今年は余り雪が積もらない年でした。
雪が降ってもその後温度の高い日が続いたためです。
雪が積もるのを待っての作業になりました。

雪室1
↑雪室の内部。奥から雪をぎゅうぎゅうに詰め、瓶の入ったコンテナを搬入。
このあとさらに雪を詰めていきます。


今日搬入したお酒は、夏までこのままの状態で保存され、
6月中旬に取り出して出荷となります。
最高の出来だったお米で造った新酒、
夏にはどんな味わいになっているでしょうか。
4ヶ月先の対面が楽しみです。

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード