FC2ブログ

「緑提灯のお店」に加盟しました。

国産の農水産物の普及を目指し、
日本産食材の使用量が50%を超えるお店で緑の提灯を飾る、
という「緑提灯活動」。
2005年4月、北海道小樽から始まり、
現在では加盟店舗は1800店舗にも上るそうです。

緑提灯
↑これが緑提灯です。(画像は「緑提灯」HPから転載)

最近は東京や名古屋など大都市の夜の町を歩くと、
緑の提灯を目にする機会が増えています。
この間も東京で、どのお店に入ろうかと迷いながら歩いている若い人たちが、
「あ、この店<緑提灯>だからここにしようよ」とお店の扉を開ける光景を目にしました。
「緑提灯」は、消費者への浸透も進んでいるようです。
「どうせ食べるなら安心な国産を」「日本の農業や漁業を応援したい」
「地産品を使う店なら、料理人も見識があって美味しいものを作るだろう」
消費者の方にもいろいろな動機はあるでしょうが、
いずれにしても地方で農産品を作る者にとってはうれしいことです。

よしかわ杜氏の郷も、地元よしかわの地産品の普及を目指して出来た蔵元。
地元の米と水と技術でお酒を作り、
四季彩の郷でも地元産の農林水産物や加工品を販売しています。
そこで「緑提灯の店」に加盟することにしました。
現在までの加盟店はほとんどが飲食店だそうで、
「蔵元」や「道の駅」の加盟は珍しいようですが、志は同じです。

「緑提灯」が届けられると、さっそく設置を行いました。
緑提灯2緑提灯3

↑売店入り口の門に吊るしました。結構目立ちます。

長い間、大手メーカーが台頭したために、
「日本酒」は「工業生産品」と思われがちでしたが、実は本来は「地方の農産品」です。
その地の米と水で地方ならではの独特のお酒を造るのがもともとの姿。
フランスのワインが、ブルゴーニュの○○村とか、
ロワールのどこそことか、その地ならではの産品として愛されているのと同じく、
私達よしかわ杜氏の郷のお酒もお酒本来の姿で愛されることが目標です。

当蔵を訪れた方には、この緑の提灯を見て、
「日本酒とは何か」に思いをはせながら中をのぞいて私達のお酒をお味見いただき、
お買い求めいただければ幸いです。

「緑提灯」ホームページはこちら

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード