FC2ブログ

「青大豆きなこ」でヘルシーな夏を!

越後よしかわの名物のひとつが「青大豆」。昔からこの地で栽培されていた在来種の大豆を、できるだけ水や肥料を抑制して植物本来の生命力を蘇らせて育てる「永田農法」で栽培、さらにコクと甘みが深まったおいしい大豆です。

青大豆きなこ

よしかわでは青大豆は昔から「きなこ豆」とも呼ばれてきました。
この大豆を炒ってから細かく挽いてきなこにすると、
他のどんな大豆よりも美味しいきなこになるからです。

青大豆のきなこは、ふつうのきなこが黄色なのに対して、やや緑ががかった色をしており、「鶯きなこ」「青きなこ」とも呼ばれます。蕨餅や葛餅など、和菓子に欠かせないきなこには、
大量のイソフラボンやオリゴ糖、食物繊維、大豆タンパク質が含まれ、
また、カルシウムやカリウム、亜鉛、鉄などのミネラル、ビタミンEやビタミンB群なども豊富なので、健康効果は抜群。本当は毎日でも食べたい食材です。

でも、家庭での使い道は、お餅にまぶしたり、ヨーグルトに混ぜるなど限られており、1~2回使った後、使い切らないうちに賞味期限切れになってしまう、という方も多いのでは。

そこで、「よしかわ杜氏の郷 公式ホームページ」上にて、
ご家庭で手軽に沢山きなこを食べられるメニューをご紹介しています。

おやつや毎日の朝食に簡単にご利用いただけるレシピばかりです。
ぜひご覧ください。

レシピはこちら

よしかわ杜氏の郷の「青大豆きなこ」は、
よしかわ杜氏の郷のほか、東京・表参道の「新潟館ネスパス・食楽園」
ご購入いただけます。


越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード