FC2ブログ

第12回<越後よしかわ酒まつり>限定ラベル 販売中!

「第12回越後よしかわ酒まつり」<開催:10月11日(日)9:00~16:00>が迫って参りました。
「よしかわ杜氏の郷」では、毎年「酒まつり記念ラベル日本酒」を発売、
ご好評をいただいておりますが、今年も記念ラベルが完成、
早速「よしかわ杜氏の郷 売店」店頭に並べました。
もちろん、「酒まつり」当日にもお買い求めいただけます。

100本限りの限定販売ですが、
このシルバーウィークから好調な売れ行き。
「毎年必ず買いたい」とのご予約のお電話も多く、
うれしい限りです。
「酒まつり」の認知度や期待度の高まりを、こんなところからも実感します。

和醸良酒

この「記念ラベル 日本酒」は、中身は「天恵楽 純米酒」。
地元で丹精込めて育てたお米を用い、
地元の霊峰・尾神岳のブナ自然林が蓄えた清浄な湧水で醸した、
文字通りすべてが地元よしかわ産の「真の地酒」です。

ところで「酒まつり記念ラベル」は毎年<和醸良酒>と銘打っていますが、
今日はこの言葉についてちょっとご説明をさせていただきたいと思います。

「和醸良酒」とは、
「人の和が良い酒を醸す」という意味で、もともとは蔵人達の間の戒めの言葉です。
「チームワークがしっかりしていないと、良い酒は造れない」、
「良い酒を造るという目標に向かって、皆で心と力と技術を合わせて働こう」。
杜氏や蔵人達は、この言葉を合言葉にして昔からお酒を醸してきました。
もちろん現在の私達も同じです。

よりよいお酒を造るのは当然ですが、
酒造りを通じて地域の振興を図るのも私達よしかわ杜氏の郷のミッション。
そこで私達は、この言葉に新しい思いを込めたいと思いました。
「和醸良酒」を「良い酒は和を醸す」と読みかえてみるのです。
私達はこれを「良酒は和を醸す」と読んでみたいのです。
地元の誇りになるような良い酒が、地元のコミュニケーションを良くし、
それが地元の振興につながること。
地元産業としての酒蔵の、これが目標です。
そんな思いを、この言葉に込めて、
「越後よしかわ酒まつり」のラベルに載せています。

このお酒を手にとって、あるいは飲みながら、
私達のそんな気持ちに思いをはせていただければ幸甚です。


●第12回越後よしかわ酒まつり

平成21年10月11日(日)
午前9時~午後4時

※詳しいスケジュールや催しの内容はこちら

★過去の「越後よしかわ酒まつり」の様子は、こちらでご覧いただけます。


●酒まつりのパンフレットは、
「よしかわ杜氏の郷ホームページ」から、
PDFでダウンロードしてご覧いただけます。

★「よしかわ杜氏の郷」ホームページはこちら
こちらからもご覧いただけます。


越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード