FC2ブログ

“第12回越後よしかわ酒まつり”盛況のうちに終了!ご来場ありがとうございました。

<第12回越後よしかわ酒まつり>が、10月11日(日)開催されました。
当日は朝から降雨となりましたが酒まつりのスタートと同時に雨が上がり、
その後は順調に回復、午後には日差しも柔らかく温かい秋日和となって、
ご来場のお客様も昨年を上回る人数に。
目玉イベントの「200銘柄味比べ」をはじめ
地元グループによるよさこいソーランや太鼓、ステージの酒造り唄や歌謡ショーのイベントも盛況で、
模擬店なども早々の売り切れが続出。
よしかわの風土と食(フード)を感じていただきながら、
秋の一日をゆっくりお楽しみいただけたかと思います。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

酒まつり会場
↑会場直後のよさこいソーラン。
まだ地面が濡れている状態での踊りでしたが、
老若男女とりどりのグループの迫力ある熱演に、皆が注目。
拍手や掛け声が飛び交います。


日本酒カクテル
↑「日本酒カクテルサービス」は、今回初めて実現した企画。「道の駅よしかわ杜氏の郷」の今回の目玉企画の一つです。吉川区出身のバーテンダー・辻岡博文さんを京都から招聘、個性ある5種の日本酒カクテルを皆様にご提供させていただきました。

100人以上の方にお飲みいただくことができましたが、
長蛇の列のため、あきらめておしまいになるお客様も多く、たいへん申し訳ありませんでした。1番人気は地元の霊峰・尾神岳の雪をイメージした辻岡氏オリジナルの<ホワイト尾神スノースタイル>。
<よしかわ杜氏大辛口>をベースに、グレープフルーツジュースとピーチリキュールを合わせ、グラスの縁に塩をつけて供するおしゃれなカクテルです。2番目は<純米梅酒>を炭酸で割ったキュートな酸味が魅力的な<梅酒ソーダ>、3番目は<大辛口>とライムジュースを合わせたシャープな<サムライロック>、並んで<大辛口>にウオッカと緑茶リキュールを配合した<春暁>と続きました。

「日本酒のカクテルなんて飲んだことない。どんな味?」と皆様興味津々。その美味しさに納得されていました。お酒の楽しい飲み方にご興味を持つ方がこれほど多いとは正直びっくりで、日本酒の将来に明るいものを見たようにも思います。

※辻岡氏の日本酒カクテルのレシピはこちらでご覧いただけます。
ぜひご家庭でもお試しください。



ジェラート売場
↑よしかわ杜氏の郷売店。1番人気はやはりジェラート。
1日中親子連れのお客様が絶えませんでした。きりきり舞いでジェラートをサーブしながらも、
「美味しいね!」という声が聞こえると、思わず頬がゆるんでしまいます。


特設居酒屋
↑こちらは準備中の「特設居酒屋」です。よしかわのお酒とともに<よしかわの食>も味わっていただきたいという願いから、吉川区観光協会様のご協力を得て、今回初めて実現しました。

よしかわの食材を用いた素朴ながら洗練されたおつまみの数々を地元名店の板前さんが創作、
皆さんにご提供しました。お蔭様で料理は完売、お酒もたくさんお召し上がりいただけました。秋空の下、のんびりおつまみを食べながら私たちのお酒をおのみになるお客様の姿は、私たちスタッフにはうらやましい限り。ご満足げなご様子に、「ね、美味しかったでしょ」と声をかけたくなりました。

※当日の居酒屋のメニューはこちらでご覧いただけます。


特設売店
↑こちらはよしかわ杜氏の郷の会場内特設売店。
恒例の「樽酒」はいつもながら好評。<よしかわ杜氏 大辛口>の原酒を杉樽に詰めて香りを加え、
樽から直接その場で瓶詰めしてご提供します。この日だけの特別のお酒です。杉樽の香り豊かなお酒は、お祭り気分を盛り上げてくれます。

越後よしかわ杜氏の郷

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード