FC2ブログ

夏を乗り切る越後のスタミナ食“くじら汁”

毎日暑い日が続きます。
今日は取って置きの越後ならではの“スタミナ料理”をご紹介します。

鯨汁
↑くじら汁

それは“くじら汁”。鯨の塩漬けと夕顔を使った味噌汁です。
毎日の蒸し暑さの中で続く農作業を乗り切るため、
昔から新潟地方で食されてきました。
鯨はナイアシン、ビタミンB12、たんぱく質、ビタミンB6、ミネラルが豊富。
疲れを回復させるビタミンB群や、
細胞を活性化させる亜鉛などのミネラルがたっぷりで、
他にも鉄分などもたくさん含まれているので、
疲れた体にはぴったりなのです。

そしてよしかわの夏の日常食“夕顔”と合わせるのがポイント。
夕顔は冬瓜よりも汁が浸みて美味しくなる野菜。
ちょっと脂っこいけれど濃厚な出汁が出る鯨との相性が抜群。
脂っこさを吸って汁はさっぱりとなり、
旨みの浸みとおった夕顔の味わいも絶品そのものなのです。

↓下は夕顔。全長30センチ以上にもなります。
夕顔1

よしかわでは鯨と夕顔だけで食べる家もあれば、
他にもジャガイモや茄子、茗荷や長ネギ、玉ねぎなど具沢山にして食す家もあります。
鯨と夕顔、味噌だけのシンプルな味わいも、
他の野菜の出汁が合わさった豊かな味わいも、どちらも格別のもの。

ちょっと疲れたとき、スタミナが心配なときなど、
ぜひお試しください。旨みと栄養が体にしみこむような気持ちになります。
もちろんお酒にもぴったりです。

鯨の塩漬けは新潟ではスーパーで簡単に手に入りますが、
ネット通販で扱っているところも結構あるようですので、
ぜひ手に入れて作ってみてください。

塩鯨
↑塩鯨。スーパーではこんな姿で売られています。

夕顔のお買い求めはぜひ“四季菜の郷”で。
安心・安全な農家の庭先野菜です。美味しいですよ!

「くじら汁」のレシピは、他の夕顔料理と併せて、
よしかわ杜氏の郷ホームページにレシピを記載しましたので、ぜひご覧ください。
「くじら汁」のレシピはこちら→http://www.yoshikawa-touji.co.jp/azi_yugao.html

越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード