FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨天の中、大盛況!第14回“越後よしかわ酒まつり”ご報告

14回目を迎えた「越後よしかわ酒まつり」、
悪天候にもかかわらず、今年も大盛況でした。
お越しいただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新潟最大の酒造好適米「五百万石」の産地であり、
名高い「よしかわ杜氏」の地元、よしかわ。
日本酒文化の発信地としてのよしかわを広くアピールしたい!
と始まった「越後よしかわ酒まつり」。

回を重ねるにつれ、
認知度も高まり、「上越のまつり」として定着し、ご参加の方々の人数も増えてきました。
催しも毎年パワーアップ。
「子供からお年寄りまで一日のんびり楽しめるイベント」へと成長してきました。

恒例の「全国200銘酒きき酒会」や
アトラクションの地元グループによる「よさこいソーラン」「寄せ太鼓」、
ステージイベントの「頚城酒造り唄」に加え
昨年からは吉川中学校吹奏楽部の演奏やポピュラー系アーティストの登場など、
アトラクションの幅も広がり、
さらに吉川観光協会の居酒屋「よってっ亭」の開設、
「お楽しみ抽選会」もスタートしました。
今年は模擬店も、よしかわ商工会(青年部が焼きそばなどの模擬店、女性部はうどんやエコロジー石鹸の販売、
工業部は包丁研ぎの実演やプランターの販売)はじめ様々なグループが出店、過去最多の40ほどにのぼり、ステージには初のアイドルユニット登場、お子様にはたまらないバルーンアートパフォーマンスの初登場と、さらに楽しいお祭りを企画してこの日に備えていました。

が、しかし今年は早い時期から週末は雨の予報が出ており、
しかも当日の朝は雨はまだ降らないものの、突然の冷え込み。
開催直前までスタッフたちの脳裏には「ガラガラの会場」のイメージが…

でも、9時前から続々とお客様が集まり始め、
気がつけば例年と変わらないほどの賑わいに。

午後からは生憎の肌寒い雨となりましたが、
お客様も模擬店のスタッフも、出演者の皆様も、寒さを忘れる程お楽しみくださったようです。

よさこいソーランや寄せ太鼓の熱気や吉川中学校吹奏楽部の皆さんの元気さが寒さを吹き飛ばし、
会場のそこかしこに見えるバルーンアーティストの方からお子様へプレゼントされたカラフルなハロウィーンのかぼちゃやハロウィーンステックも鮮やかで、頚城杜氏のみなさんたちの、しんみりと哀感に満ちた「頚城酒造り歌」と新潟発のアイドルの熱気あるステージのコントラストもくっきりと、残念な天気というのに、
いつになく華やかな雰囲気のイベントになりました。「Negicco」の舞台のラストでは、観客の皆さんが隣の人と肩を組んで踊る光景も。「こんな天気だけど、いっしょに楽しもう!」会場のお客様と模擬店のスタッフたちの間にも、そんな一体感が漂っているような、今までになく良いイベントとなりました。
ご来場者の人数も3300人と、この天候としては驚くほどの多さ。「越後よしかわ酒まつり」がどれほど皆さんから愛され、期待されているかということを身にしみて感じました。

あらためて関係諸団体のスタッフの皆さま、出演者の皆様、そしてご来場の皆様ありがとうございました。

14回越後よしかわ酒まつり2
↑目玉イベント「全国200銘柄きき酒会」。昨年と同数の330人もの方にご参加いただきました。
毎年東京方面や関西方面からいらっしゃる方も。
「これだけ沢山のお酒を飲み比べられるのはここだけ。しかもたったの500円。
遠くから来た甲斐があります」と大人気です。
各蔵元に勤める地元「よしかわ杜氏」もアテンド。
酒造りのお話を聞こうと、杜氏さんの側には行列ができることも。


越後よしかわ酒まつり3

↑今年は過去最多の40近くもの模擬店が出店。ステージイベントやアトラクションの合間にお店をまわっても、全部はまわりきれないほどとなりました。上の写真は吉川商工会女性部のお店。家族の健康に気を使うお母さんにはエコロジー石鹸が、お子様にはフランクフルトなど屋台メニューが人気です。


越後よしかわ酒まつり5
↑上越市のマスコット・上越忠義隊の「兼続くん」も登場。ほろ酔いの大人のお客様からも握手を求められるほど、相変わらずの人気です。


越後よしかわ酒まつり4
↑今年は例年以上にお子様連れがたくさん。「越後よしかわ酒まつり」も、老若男女、ご家族みんなで楽しめるイベントとして皆さんに知られるようになったことを実感。嬉しい限りです。

越後よしかわ酒まつり6
↑餅つきの妙技の披露。「手返し」なし、すべてを杵だけで扱う妙技と絶妙の息の合わせ方に、お客様は老若男女とわず、思わず息を飲んで見つめてしまいます。

越後よしかわ酒まつり7
↑吉川中学吹奏楽部の演奏。少人数にもかかわらず、息の合った、迫力満点の演奏です。



越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。