FC2ブログ

夏だけの限定出荷「雪室熟成」

日本酒には「この季節にしか飲めないお酒」がいろいろあります。
暮れから春にかけての「搾りたて新酒」、蔵人しか飲めなかった「ささにごり」、
春から夏までじっくり熟成させた「ひやおろし」など、
その季節だけしか飲めない味わいを楽しむのも日本酒の醍醐味。
日本酒は「四季を感じるお酒」でもあるのです。

夏の季節限定酒「雪室熟成」もその一つ。

「有りがたし」「天恵楽 特別純米」の搾りたて無ろ過生原酒を、
よしかわの山深い雪室でじっくり熟成させたお酒です。
2月のはじめ頃、搾りたてのお酒を瓶に詰め、室に運び込んでから室の中を雪で一杯にして、
夏までそのまま。雪は殆ど溶けず、7月まで摂氏2度ほどに保たれて、
お酒はゆっくりと熟成するのです。
このことによって搾りたて新酒のフレッシュさをそのまま残しながらも、
同時に熟成を経た落ち着いた風格を感じさせるお酒になるのです。
「新酒のフレッシュさ」「熟成の深み」を同時に味わえる、奇跡のようなお酒です。

日本一の豪雪地帯ならではの味わいをお楽しみください。

雪室熟成


越後よしかわ杜氏の郷
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

toujinosato

Author:toujinosato
上越市吉川区の蔵元です。
永田農法で最高品質の酒米を育て、地元のブナ原生林の湧水を使い、江戸時代から続く吉川杜氏の技術で、米・水・技術すべてが100%地元産の「真の越後地酒」を作り、味噌・醤油、蕎麦などの伝統食品やジェラートなど、よしかわの美味しさを発信しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード